どん兵衛の東日本版・西日本版を食べ比べ!やっぱり西日本の昆布ベースが美味しい!

先日家族で訪れた、大阪にある「インスタントラーメン発明記念館。これについては下記の記事にまとめています。

大阪の隠れた観光名所・インスタントラーメン発明記念館!オリジナルのカップヌードルが作れる!

オリジナルカップヌードル作りがとても楽しかったのですが、閉館間際にお土産を買って帰りましたので紹介します。

日清のベストセラー「どん兵衛」食べたことない人は居ないでしょう

このどん兵衛の出汁の味が東西で異なるというのはよく聞く話です。そしてこの記念館には「東西どん兵衛食べ比べセット」として売っていましたので、比較をしてみました!

まずは日清のWEBサイトを見てみましょう。こう書いてあります。

うどんやそばには、歴史的に東西に嗜好の違いがあります。そこで、東西でつゆの味に変化をつけたどん兵衛。全国展開の商品で地域別に味を分けたのは、初めてのことでした。東日本のつゆはかつおの風味が特徴で色も濃いめ、西日本のつゆは昆布の旨みが特徴で色も薄めとなっており、どん兵衛のつゆは東西で、見た目の色も違っています。

引用元:日清食品オフィシャルサイトより

東と西で、うどんの味が異なるというのは知られています。そういった風土に合わせて異なる味付けがされている、とのことです。

IMG_6506.JPG

こちらが食べ比べセット。どん兵衛二つありますが、見た目は全く同じです。ちなみに上の二つはJAL限定の商品です。

IMG_6504.JPG

どん兵衛の東西の見分け方。
(E)はEASTの略で東日本、(W)はWESTの略で西日本。よく見るとJANコードも違いますね。

IMG_6505.JPG

チラシが入っていました。東西の違いについて解説しています。

IMG_6708.JPG
開封して粉末スープを取り出しました。配置は変えず右側が東日本です。袋の色が違います。

IMG_6707.JPG
湯を入れて3分。
ぱっと見だとわかりませんが…

IMG_6704.JPG
これが東日本版。

IMG_6709.JPG
これが西日本版。

IMG_6706.JPG
食べ終えて出汁だけになると、違いがわかりやすいですね。右側の東日本の方が、説明文通りでやや色が濃い目です。

そして、食べ比べての味の違いについてですが…もう、全然味が違いました

正直、食べ比べてギリギリわかる程度の微妙な違い程度かたなと思っていたのですが、これは明らかに違います。私は生まれてずっと西日本圏内に住んでいるので、今まで食べたどん兵衛は全て西日本版です。

今回まず、東日本版を食べてみたのですが、明らかに「別の商品」でした。そしてその後西日本版を食べて、それは確信に変わりました。もう、甘みが全然違う!

東はカツオベース、西は昆布ベースということですが、やっぱり私の中のどん兵衛は西日本版の味です。もちろん東日本の人は真逆のことを言うのでしょう。要は慣れ親しんだ味かどうかですね。

一つの「どん兵衛」という商品で、地域の特性を踏まえて二種類作っているということに改めて感心します。機会があれば自分の住んでいる所とは逆の地域に行った時にどん兵衛を買ってみると面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)