幻覚アレルギー あらゆるジャンルを融合した雑食的・先進的ノイズ現象 ※「幻覚」始動記念

2015年の「かまいたち」一日復活の際に書いた記事ですが、2019年12月25日にTwitterで発表された「幻覚」始動の報を受けて文章追加します。

その一報を見てから、頭の中でこの曲がずっと流れています。


幻覚アレルギー「ANGEL DUST」

もう疲れたからここでお別れだよ
一夜にして忘れられるよ
だけど頭の中がメチャクチャになっちゃうよ
そして頭の中がメチャクチャになりそうだよ

私がアナタのその金属のカプセル
みたいなモノになれればいい

タイトルも歌詞も思い切りクスリのことですが、この曲が脳内をぐるぐる回っています。

ロックンロールからパンク、ハードコア、ノイズ、インダストリアル、そしてポップ。あらゆるジャンルを取り込んで吐き出していたユニット「幻覚アレルギー」のデビュー曲といえる曲(アルバムデビューですが、その初回盤に同梱されていたのがこの曲のPV)。

とりあえず、ヴォーカルとギターによる2人組ユニットといえば、B’zでもコンプレックスでもなく幻覚アレルギー

中学高校の頃かなりの衝撃を受けてよく聴いていました。

幻覚アレルギー 概要

1991年に解散したバンド「かまいたち」。そのヴォーカルのSCEANAとギターのKAZZYにより、1992年に結成。

同年、フリーウィルよりミニアルバム「Mouth to Mouth」リリース。要はインディー盤で、音作りもストレート且つシンプルで音質も良いとは言えませんが、カッコいいです。

1994年、春にアルバム「PSYCHE:DELIC」でビクターからデビュー。前述したビデオ付き初回盤BOXは、ダッチワイフが散りばめられたデザインのジャケットだったので、お店で恥ずかしがりながら購入(笑)

ハードコアな部分がより全面に強調され、音質も迫力も格段にパワーアップ。名曲多数。

同年末にアルバム「JAPANESE TRASH」リリース。さらに過激さを増長させた作品で、歌詞も聞き応え抜群。これはかなり聴きました。

1996年には「Dのススメ」をリリース。ジキルのKENプロデュースで、反転された歌詞カードに象徴される、より内向的なサウンドでありながらも打ち込みを積極的に取り入れたデジロック。

1997年、活動停止。
2006年、KAZZY不参加で突如、最終公演。

こんな流れです。活動が1992年から1996年ということで、ちょうど私の思春期真っ只中でいろんな音楽を聴いていた中でも特に好きでした。

ビジュアル系というイメージが邪魔だった?

デビューした1994年当時、いわゆるお化粧系のバンドで世間一般に認知されていたのは、XとBUCK-TICK、BY-SEXUALくらいでしょうか?

その年はちょうど、ルナシーが「ROSIER」で一般層に知れ渡ったタイミングです。それまでも人気はありましたが、タイアップ無しが当時のポリシーで世間一般的には知られてなかったのです。
ちなみにラルクや黒夢、GLAYがデビューしたのも1994年ですが、ファンではなく世間一般にまで浸透するのはその後のこと。

リスナーの耳も多様化した今の時代とは違い、インターネットも無い時代に、メジャーというフィールドでこういう曲を展開していたというのは、今更ながらかなりすごいことだと思います。

だからこそ活動の範囲が「ヴィジュアル系」の括りだったのが、今となって思えば可能性を狭めていたのでは?と思ってしまいます。元かまいたちでフリーウィルからリリースとなれば、まあ客層的にもそういう括りになるのだと思いますが…。

幻覚アレルギー結成後、しいもんきい(京都のバンド)のライブにゲストで登場して、マッドカプセルマーケッツのナンバーを演奏したのが最初のステージです。


THE MAD CAPSULE MARKETS「あやつり人形」

私もMADのインディー版「HUMANITY」が1996年に再発された時に聴いたのですが、幻覚の「MOUTH TO MOUTH」を連想しました(リリースはMADの方が先ですが私が聴いたのが後だったので)

初期のパンク色のイメージからだんだんハードコアやノイズ、デジタルを導入して行くあたりもMADとシンクロしますが、V系的なイメージを払拭して海外展開とかを画策しても面白かったのではないかと思ってしまいます。

実際に体感した、ライブの臨場感

私が幻覚アレルギーを一度だけ見に行ったのが高校生の時。今となってはそれが最後の全国ツアーだったのですが、アルバム「Dのススメ」のツアー「BOLLOCKS TO EVERYONE TOUR」で、調べてみると1996年3月12日の岡山ペパーランドでした。

人生初めて観に行ったライブで、昼間に岡山駅前のタワーレコードでトークショー&サイン会も。今考えるとイヤイヤだったんだろうな〜と思いますが、その時サインしてもらったCDは今も手元にあります。

そしてライブハウス「ペパーランド」へ。
ここは岡山の老舗ライブハウスで、せまくて張り紙と落書きだらけのいかにもなライブハウス。こんな間近で観られるというのに衝撃を受けました。当時高校生の私からしたら近寄りがたい、大人の女性がたくさん居たのが印象に残っています。そこではデモテープ「NEVER MIND THE BOLLOCK」が配布されました。

ライブはギュウギュウ詰めで、ライブハウスというものをはじめて体験した日でしたが、田舎者の高校生には刺激的過ぎました。

そして、そのツアーの新宿ロフト公演がビデオ作品「DANCE MACABRE SHOW」としてリリースされました。当時もちろん購入しましたが、映像も悪くブートレグのような映像が雰囲気にマッチしていました。

YouTubeにあったので貼っておきます。

曲はもちろんですがステージングも素晴らしい!曲目一覧があったので貼っておきます。

1.INTRODUCTION
2.SPEEDアレルギー
3.水銀
4.COSMETIQUE RENAISSANCE
5.MERRY-GO-ROUND
6.NEVER MIND THE BOLLOCK
7.NOISE現象

こうして見るとベストな選曲で、演奏の荒々しさ、そしてライブハウスのいかがわしさを楽しめます。

フォロワーが出てくれば再評価されるはず

映像を見ても、活動休止してしまったのが惜しまれるバンドであることがわかります。世界観や雰囲気はルナシー・ラルク・黒夢から影響を受けたと思われるバンドが多いですが、サウンド面でのフォロワーが出てくれば再評価の機運も高まるかもしれません。

いわゆる「V系」とは一線を画した魅力を持っており、今回の「幻覚」復活は嬉しい一報です。この記事によって、一人でも多くの人にその魅力が伝わることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)