早すぎたバンド・VOGUE(a.k.a. nuvɔ:gu)を知っているか?デビュー前の活動と音源6曲紹介

どこにでもある情報じゃなく、自分の中にある知識を形にしていくのがインターネットの面白いところ。
それを、後追いじゃなくリアルタイムに見たり聴いたりしていた情報を、残していきたい。

というわけで、VOGUE特集!

90年代中期に活動していたVOGUE(ヴォーグ)というバンドです。
インディーズ時代に話題を振りまき、その後、バンド名をnuvɔ:gu(ニューヴォーグ)に変えてメジャーデビューするもアルバム1枚(+ベスト1枚)を残して解散したのは、事務所とのゴタゴタが原因だったようですが、もしデビュー後の活動が順調であれば、黒夢・ラルク・グレイの辺り以降のシーンは何かしら変化があったのでは?と思えるバンドです。

ちなみに…
デビューのタイミングでのバンド名変更ってあまり例がないですが、雑誌「VOGUE」の特許の関係だそうです。

VOGUE(nuvɔ:gu)を知っている人も今となっては多くはないと思いますが、元・マジェスティックイザベルのCHIKA氏が結成したバンドということで、当時はは話題でした。何しろエクスタシー・フリーウィルという二大巨頭がバックにいたバンドですから。

ヴォーグの面白かったところ。
いわゆる「バンド界隈」で活動するグループにも関わらず、カッチリしたタイトなリズムにバンド音と打ち込みを融合したサウンドで、音的にもかなり異色なイメージでした。当時のライヴでジュリアナ扇子のお姉さんが踊っていたというのも頷けます(通販で、VOGUE扇子を売っていました)。「和製デッドオアアライブ」と言われていたのも納得。

1993年〜1994年はフリーウィルが前面にヴォーグをプッシュしていた印象が強いです。
VOGUE主催のイベント「Behind The Mask」を覚えている人がいれば、当時の錚々たるバンドが参加していたのもご存知のはず。今は亡きサードステージのプレゼントで、豪華参加バンドのメッセージビデオを貰ったのも記憶にあります。あの映像はレアなはずですが、見たことある人いないかな…?

そして「インディーズでは作品をリリースしない」というポリシー。これ当時のインタビューではっきり言っていました。従来のバンドの活動形態・パターンを覆すものです。

そうなると音源を聴ける機会は限定されますが、ここではデビュー前に聴けたヴォーグの音源、全6曲を紹介します。今ではこうしてYouTubeなどで聴けるので便利ですね。

最初に聴けた音源は、Free-Willのオムニバスアルバム「Free-Will Anniversary 1993」。

「MATERIAL」

 
前述した「打ち込みサウンドのイメージ」って、このトラックのことなんですよね。
VOGUEはあくまで一般的なバンド形態であるというのはこれ以降にわかりますが、最初にこの音源を聴いた人の印象はやっぱりこのサウンドなんですよね。

ちなみにこのアルバムでは私はVOGUEと、SPEED-iDとCOLOR(ハウスに路線変更した時)を頻繁に聴いてました。名盤です。

そして次に聴いたトラックは、ライヴでの配布CDシングル音源
ネットを見ているといくつか情報がありますが、1994年の東名阪ツアーにおいて、東京と大阪と名古屋でそれぞれ異なる内容のCDシングルを来場特典としてプレゼントしており、用意された3曲「AFTER」「Androgynous」「CYBER DEAD CLUB」のうち2曲が収録されたCDが3パターンなので、3種類のうち2枚を揃えれば3曲とも聴けるということです。

ツヤ消しの真っ黒な短冊形ジャケットに、箔押しジャケット(箔の色違い)
ライヴに行ってないのになぜこんなに詳しいかというと、円盤屋かライカエジソンか忘れましたが、「発掘!」と称して数量限定で販売されていたのを、当時購入したからです。
聴けばわかりますが、打ち込みではないスタンダード且つスタイリッシュな洗練されたバンド形態のサウンドです。

「AFTER」 ※解散後にベスト盤に収録

「Androgynous」 ※解散後にベスト盤に収録
ツインギターのアンサンブルが見事。これをリリースしないの勿体無いなーと当時思っていました。

「CYBER DEAD CLUB」 ※デビューアルバムでリメイクされる

続いて・・・
伝統的なオムニバスシリーズ「EMERGENCY EXPRESS」の1994年版に参加しています。

「Crystal Moon」
バラード調の名曲。イントロのギターのアルペジオにかけたディレイがルナシーの「MOON」みたいでムーン繋がりと思った人もいるのでは?

人気のオムニバスシリーズだったので、VOGUEでこの曲しか聴いたことのない人も多いはず。その場合はまた印象が違うかもしれません。

もう一つ音源があり。
「MATERIAL」のニューヴァージョン。
フリーウィルのオムニバスからかなり変わっています。
これは有線オンエア用音源という触れ込みで、白ジャケ短冊型シングル(金色の箔押し)が、これも非売品扱いで「発掘!」みたいに売られていたものを当時購入しました。

「MATERIAL(new version)」

この映像は、最後のクレジットでわかるようにVOGUE時代でフリーウィル制作のもの。非売品の配布ビデオとして流通していました。

あとは、非売品のデモテープ(どこかのライブで配布)として「CRYSTAL MOON」「DANCE ROMANESQUE」「FIND LOVE」等があったのは記憶しています。ダンスロマネスクはデビュー盤でリメイクされたものとは当然別テイクで、当時はこれでしか聴けなかったので何とかして手に入れた記憶はありますがYouTubeでは発見できず。

以上、ニューヴォーグとしてデビュー前に、VOGUEとしてインディーズ時代に残した音源6曲を紹介しました。私は、VOGUE時代の曲調はもちろん、紹介したような活動展開が面白くて気にしていましたが、ニューボーグとしてデビューする頃には興味が他に行っていたので、その後のトラブルから活動停止についても後で知りました。

その後、何かの機会で解散時のベストアルバムを聴くことがありました。見覚えのある曲タイトルの中にあった未発表曲を聴いてみるとまさに「そうそう、この路線!」というもの。

「Spiral」

フリーウィルのオムニバスの際のカッチリしたリズムから進化し、さらにバンドと打ち込みの融合を推し進め、打ち込みとサンプリングを駆使したトラックに人間的な演奏が絡まった素晴らしいトラック!

この路線でもっとやればよかったのにと思わせつつ活動が止まってしまうのはもったいないですが、興味があればぜひ、過去の音源を漁ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)