35歳サラリーマンがはじめる「1日1食ダイエット」どれだけ効果があるのか?

突然ですが、1日1食という生活サイクルに変えています。
今がちょうど5日目。

理由は、ポッコリ出たお腹。
中年太りなんていう言葉がありますが、ちょっとこれはいかんなーと前から思っていたときに「1日1食」というものに目が留まり、試しにはじめてみたところです。

1日1食をはじめたきっかけ

もともと「お腹」が気になっていました。
そんなある日、仕事が立て込んでランチも食べられず、やっと落ち着いて夕方16時頃にご飯が食べられたということがありました。

で、その日仕事が終わり、そんなにお腹が空いていないことに気づいて、結局何も食べずに寝てしまったのです。それをきっかけに、自分にも出来るかもと思いはじめてみました。

運動不足なので、以前、ランニングをはじめようとして何度か実践したのですが長続きしません。それっきり運動もせず、食べ物も毎日ランチは外食して好きな物を食べていました。20代の頃は55kg程度だった体重も今は68kg。

運動すればいいのですがなかなか厳しいので、せめて「食」には気をつけるべき!

ストレスをためずに、お腹が空いたら食事をするスタンスで

1日1食というのは最近特に言われているそうで、ダイエットというよりも健康維持という面が強いようです。人間は本来、朝昼夜の3食を食べるのが健康にいいと言われていました。しかし実際は、3食も食べるとその時点で摂取カロリーは必要な量をはるかに超えているそう。

江戸時代は2食だったそうです。
1日3食も食べている動物はいません。人間だけです。

いろんなところに書いてあったコツをまとめます。

・1食が厳しかったらまずは2食からはじめてみる
・あくまで「お腹がすいたら食べる」というスタンスで。無理はしない
・ストレスをためないようにする

例えば友人とのランチに行きたいのに、「1日1食を実践中だから参加したいけど我慢する」みたいな変なストレスをためるのは、カラダにもよくありません。出来る範囲で食事やカロリーに気を使うのはいいことですが、あまり我慢しすぎないようにしましょう。

人間は、昼や夜という「時間」により食事をするという習性が昔からあります。確かにこんなの人間だけですよね。生まれて何十年も続けて来たこの習慣を、時間ベースではなく「お腹が空いたら食べる」という形に変えていくのです。そうすればだいたい1日1食というペースになる、という考え方だそうですよ。

なので逆に言うと、お腹が空いてしまったら無理をせずに食べるという形でいいのです。もちろんこれで劇的に体重が落ちるということはないはずですが、健康維持という観点でもいいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)