【宇野港】小学生の息子がジグヘッド+ワームで初GET。ライトゲームフィッシングの面白さ

小学生の息子と、ここ最近釣りにはまっています。
最初はサビキを中心にしていましたが、ライトゲーム用のロッドを買ったのをきっかけに、メバリングを開始。

岡山でも人気の釣り場、宇野港へ。
ここは地域の人々の散歩コースでもあり、トイレもあり。
場所によってはフェンスもあるので小さい子供を連れてきても安心な釣り場です。

釣具のポイントさんで頂いた、釣り場ガイドのチラシを貼っておきますのでご参考に。

時期的にエギングのシーズンで、イカ狙いの人が多かったようです。

この日は19:30頃にスタートし、息子はアジングロッドでメバリング。
私はシーバスロッドで投げサビキ。

南側の面が潮の流れが大きいので、南に向かって投げている人が多いですが、そんな中息子は、潮の流れがあまりなく常夜灯の明かりがギリギリ届くあたりの、足元あたりで小魚が多くいるのを見つけたようです。そして、そのあたりにワームをポチャンと落とし、ゆっくりただ巻き。

手前に引くというより、下から斜め上に引くイメージでしょうか。

私もその辺りを眺めていると、小魚に混じってそれよりもやや大きな魚影が。
メバル?カサゴ?といったフォルム。

「居るんだなー」と思いながら見ていましたが、ちょっとすると・・・

いきなり息子が釣り上げました。
メバルじゃなく、カサゴです。
今までサビキでしか釣ったことがなく、ワームで初めて釣り上げたので息子は大喜び!

ちなみにこの時は、ジグヘッド+ワームをDAIWAの月下美人で揃えています。
ジグヘッドは目玉付きの黒、1g。
ワームは最近復刻されたらしい、ビームフィッシュのちりめんじゃこ。

子供が勝手に設定していて、釣り上げた後でこの組み合わせであることを確認したのですが、暗がりをせめていくのにいい感じのセッティングですね。

サイズを測定したところ、14cm。
(その画像を撮ったつもりが忘れていました)

息子が初めてワームで釣った記念なので迷いましたが、カサゴは15cm未満はリリース推奨とどこかにあったので、海に返してあげました。まあこうして写真に残っているし、今後もバンバン釣るでしょう。

息子は非常に喜んでいました。
今までもサビキで釣れた時は嬉しそうでしたが、今回は釣れたこと自体に加え、自分なりにセッティングや場所、深さ、速度を考えて投入し、それが見事にヒットしたということが嬉しかったようです。

釣具店でちりめんじゃこカラーのワームを気に入り、なけなしのお小遣いで自分で購入していたので愛着もあり、またこのセッティングを自分で決めたというのも理由かもしれません。

これでさらに釣りにハマりはじめた息子と私。
まだまだ釣り紀行は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)