サラリーマンよ!コンビニは現金払いじゃなくクレジットカードを使うべし

jarmoluk / Pixabay

ここ最近「キャッシュレス」という話題をよく耳にするが、ついに消費税対策にまで…

消費税対策としてのキャッシュレス化のメリット、デメリット
政府は、2019年10月に行う消費税率10%への引き上げに向けた景気対策として、クレジットカードなどキャッシュレス決済を行った消費者を対象に、ポイント還元を行うことを決めた。

ポイント還元策の予算額は2,798億円。これにより、増税後9カ月間に限り、中小小売店で電子マネーやクレジットカードなどでキャッシュレス決済をした消費者に対し、購入額の5%(または2%)分のポイントを還元する目論見だ。

また、中小小売店での導入を推進するために、必要な端末などの機器を導入する費用の3分の2、小売店が決済事業者に支払う手数料の3分の1を国が補助し負担軽減を図る。

Felica端末、QRコード、クレジットカード払いなど様々な支払い方法があるけど、要するにレジにおいて現金で支払うか否か!?については、人それぞれいろんな考え方がある。

買い物でレジに並んでいて、前の人が小銭を出すのが遅くてイライラした経験はないだろうか?

キャッシュレスの方が支払いの抑止力になる

現金払いをする理由としてよく耳にする「お金を使った実感が湧くから、現金の方が使い過ぎなくて済む」とかいう理屈。

そんな「財布の中の現金の量」という基準で使った額の管理をしている時点で、多分お金の管理は苦手なタイプ、というより「苦手なことに自分で気づいていない人」だろう。

きちんと履歴が残るキャッシュレス決済の方がよっぽど使い過ぎを実感できるし、現金払いほど「お金の出入りの履歴が不明瞭」なものはないですよ。

電子マネーはいろんな種類があるけど、まあほとんどの人がクレジットカードくらいは持っているはず。少額のコンビニ支払い時もクレジットで全部払えば、暗証番号もサインも不要なので一瞬で終わる。

家計簿をつける主婦にも向いているし、サラリーマンなんて全部クレカでいいんじゃない?と思ってしまう。個人的には、明らかにクレジットカードを持っているであろうサラリーマンが、コンビニで小銭を数えている姿は情けなく見えてしまうのだ。

ちなみに、少額だとクレカって使いにくいと思うだろうけど…

レジのバイトもキャッシュレスの方が楽

という事実がある。
コンビニバイトで現金のカウント間違いのリスクの中で汚い現金を触るよりも、クレカや電子マネー支払いの方が楽だし、ミスもない。
(現金って、実は相当不衛生なものだから特に)

店舗運営としても、現金を扱う時間的コストを考えれば手数料分は人件費に還元できるはず。そもそも現金がその場にあるという時点でセキュリティ的には大きなリスクだし。

QRコード決済の普及により導入コストも下がってきているので、一定以上の規模の店舗であれば導入しない手はないのだが、個人店だと未だに現金払いのみのところも多い

その理由の一つは、脱税できなくなるからじゃないかな?と思っている。
(これについてはまた別の記事で)

ここを解決すれば、一気にキャッシュレス推進が進むんじゃないかなー。

キャッシュレスを使わない理由はない

現金払いにこだわっている人で、前述のような
・現金の方がお金を払った気がするから
・少額だとクレカを使いにくい

以外の理由の人はいないだろう。

「購買履歴というビッグデータを企業に提供することに抵抗がある」とかそこまで考えている人はいないはず。だって高い買い物の時はクレカを使っているわけだし。

※あとは、持っていないはずの(持ってちゃいけない)お金を持っている場合、とか!?現金払いはマネーロンダリングにも最適だから。

ちなみにキャッシュレス決済は、ポイント還元というメリットもある。例えばクレジットカードであれば利用額に応じたポイントが還元がある。

現金で払うより早くてお得なのでいいことだらけ。

私はほとんど全ての支払いを還元率1.2%のリクルートカード(または電子マネーに経由)にしているので、毎月数千ポイント(=数千円分)ゲットしている。

Pontaポイントにもできるけど、私は旅行費用の足しにしている。

年間にして数万円。
これって現金払いだと得られないメリットなので、これだけでもクレカを使っているメリットがあると自信を持って言える。

現金払いで損をするわけではない。
ただ、得したいという人はキャッシュレス払いの方がいいんじゃないの?
ということが伝われば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)