【少年サッカー】親の役目は、強制することじゃなく「子供が楽しめる環境を作ること」

AnnRos / Pixabay

小学生の息子がサッカーをしています。

幼稚園に入園する前にサッカーを初めてから、小学校に入る前に別のチームへ入り、そしてここ最近新しいチームに移ったところです。さらに並行して、テクニックを磨くためにいくつかのスクールにも通っていました。さらに、県外の集中トレーニングに参加した経験もあります。

何を言いたいか?と言えば、息子は今まで数々の場でプレーしており、私と妻は数々のサッカー指導者、チーム、そして子供たちや親御さんを見てきました。

そのような経験から思うのは、子供がどんな環境でサッカーをするかというのは非常に重要であるということです。

本人の才能や努力、モチベーションと同様に、「環境」は子供に影響を与えます。どんなに才能がある子でも、環境一つでその芽を摘んでしまうのではないか、とも思います。

サッカーをする子供にとっての、親の役目

まず大前提として、私も妻もサッカー未経験。
もともと興味がなかったタイプです。

息子はボール遊びがキッカケでサッカーをはじめたので、それから一緒にサッカーを知って行きました。そして今や、選手の名前なんかは息子に教わるくらいです。

こんな親なので、技術的なことはわかりません。
サッカーをしている子の親って、サッカー経験者が多いんですよね。家でも一生懸命教えていたりするみたいですが、私は全くそこに負い目を感じていません。

記事冒頭に書いた話に繋がりますが、親の一番の役目は「子供がサッカーをする環境を整えてあげること」だと考えているからです。

家で私とドリブル練習をしても既に歯が立たないし、テレビでサッカーを見るときも、素人の私とは視点が違います。この辺りのテクニックや思考は、チームやスクールで学んだことです。

サッカーをする環境とは何か?

環境といってもいろんな考え方がありますが、大きく分けるとこんな感じでしょうか。

・所属するチーム、指導者
・チームメイト、サッカー仲間
・家庭でのふれあい

サッカーを習わせる上で、まず一番迷うのは「どこのチームに入るか?」
チーム選び=指導者選びなのでこれは重要です。

今までいろんなチームや指導者を見てきましたが…
子供のモチベーションをあげてくれる指導者、怒鳴りまくる指導者、挨拶や礼儀を重んじる指導者、親には一切挨拶しない指導者、子供にわかりやすく説明する指導者、特定の子ばかり可愛がる指導者、子供のことを細かく気にしてくれる指導者、口が悪い指導者。

これってチームの方針もありますが、結局は指導者次第。
言い方は悪いですが、日曜日の試合に行って「今日はあのコーチか〜」みたいなことはよくありました(良くも悪くも)。

PDPics / Pixabay

味方同士で文句を言い合う子供たち

何より重要なのは、一緒にサッカーをするチームメイトにも指導者の影響が大きく出る点です。挨拶ができなかったり口が悪かったり。「チームメイト」という環境要因も結局は指導者次第となるのですが。

先日、非常に印象的な記事を読みました。
出てこないのでリンクが貼れないのですが、「子供が失敗をした時、指導者やチームメイトがその失敗を攻める・怒鳴るというのは、スポーツでよくある光景だ。しかしそれを繰り返していると、いざその子供が挑戦をしようとした時に怒鳴られたことが頭をよぎり、挑戦しない方がいいという思考回路になってしまう。」

こんな趣旨の内容でした。
ホント同感です。

少年サッカーにおいて味方のミスを汚い言葉で責める子供がとにかく多いことが以前から気になっていました。息子の試合を見に行き、相手チームが仲間割れをしているのを見ると胸が痛くなります。それを注意する指導者もいるのですが、チームによっては咎められることもなく…。

それを反面教師とし、私は息子に「味方がミスをしたら、責めるのではなく『ドンマイ』と声をかけてあげよう」と常に話をしています。

以前居たチームでは味方同士で失敗を怒鳴りあう光景が多く、息子もイヤだったそうです。言われた側の気持ちも理解できるからこそ「だったら、自分は人に対して絶対にやるなよ」と約束しているので、息子は絶対に言いません。今いるチームでも積極的に励まし合っています。

もし放っておいたら、サッカーを嫌いになったかもしれないですね。チームを移るのは避けたいという人も多いと思いますが、環境を変えるために移るというのは非常に効果的だと思います。

そしてもう1つ、私が決めているルール。

子供にサッカーを強制せず、逃げ場を用意する

これってすごく大事だと思っています。

息子はたまたまサッカーに出会って今に至りますが、まだまだ小学生。サッカー以外にもスポーツはあるし、スポーツ以外にも面白いことはたくさんあるはず。それをサッカーだけに絞ってしまうのは非常にもったいないので、少なくとも親の側から強制は絶対にしないことにしています。

この前はバッティングセンターに連れて行ったり、ボーリングや卓球をしに行ったり。息子も好奇心が強いので、先日はDAZNでダーツ大会を見ていました(笑)

これって、私がサッカー未経験であることも大きいかもしれません。親が「サッカー命」な人だと、どんなにその子供が上手でも「この子は他にやりたいことが見つかってもやめさせてもらえないんだろうな」と思ってしまいます。

ある意味、子供には「逃げ場」を用意してあげる。
サッカーを強制させられるのではなく、自身の気持ちで伸び伸びとプレーする。これも大きな「環境構築」ではないでしょうか。

子供の目線で考えるということ

大人から見たら大したことじゃなくても、子供から見たら目の前の光景が全てです。だからこそ親として、子供の気持ちを察知するように心がけるべきです。

環境というのは子供が変えられるものではありません。だからこそ、もし問題があれば、環境を変えてあげるだけで子供のサッカー人生は豊かなものとなります。チームを移るのはあまり良くないという風潮も一部でありますが、新しい環境に飛び込むという貴重な経験ができると考えれば良いでしょう。

子供といっても一人の人間。
いくら親がサッカーが好きだからといって強制するのは、子供にとっては負担でしかありません。子供の目線で考えて、やりたいことを思い切り楽しめる環境を作ってくれる親でありたいものです。