【動画】笑点の初代司会者・立川談志の、笑点出演映像を発掘

「歌丸が笑点の司会を降板」
「次の司会は誰?」

といったことが話題になっていますが、今回面白い動画を見つけたので紹介します。

「笑点」という番組を企画したのは立川談志であり、初代司会者でもあるということは周知の事実。

その後色々ゴタゴタがあり、談志は笑点から去ります。

それ以降、談志による笑点に対する皮肉めいた発言なんかも見たことがあったりしたので(俺が作った笑点なのに〜的な)、談志と笑点というのは交わることがなかったと思っていたのですが…

それがつい先日、談志出演回の映像を見つけたので驚いているわけです。
(自分が無知だっただけなのですが…)

時代的には1980年代中盤頃のようです。先代の三遊亭円楽が司会で、立川談志が漫談で登場。
円楽が客に混じって客席に居ます。

いや〜面白いです。
見ているとだんだん引き込まれていきますね。
かなり踏み込んだ言葉なんかもありますが、後半の学問論のあたりなんか特に圧巻。客席にいる円楽を弄るシーンもあり、一度見ておくべき動画です。

この映像について。
落語協会を脱退したことにより寄席への出演ができなくなった先代の円楽が、自身とその一門が出演するために多額の借金をして作った劇場である「若竹」。

そこで年に数回笑点の収録を行っており、談志が友情出演ということで若竹の舞台に上がった日の映像だそうです。それを踏まえてこの映像を見ると、若竹のことも話題に出しているのがわかります。

円楽一門と同じく、立川流も寄席に出られないという点、また円楽と談志の友情という部分も垣間見ることができます。

(単に知らなかっただけですが)貴重な映像を見ることができました。、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)