SIMフリーiPhoneで格安MVNOへ!FREETEL音声通話付プランへのMNP切替を全て自宅で済ませる方法

ついにauから、MVNOに乗り換えました。私が選んだのはFREETELです!

iPhoneSEのSIMフリー版を購入し準備していたのですが、auが料金の日割りができないということで、月末に切替を行いました。

家電量販店によってはFREETELの窓口があり、そこでも切り替えができるようですが…店頭であれこれやるのが面倒なタイプなもので、自宅で切替を済ませました。というわけで私と同じくどこにも行かずに切替を終えたい人向けに、手順をまとめます。

切替のための事前準備

数あるMVNOの中で私がFREETELを選んだ理由。この記事にまとめています。

MVNO移転が心配なので訪日外国人用プリペイドSIMカードでテスト(iPhoneSE+FREETEL編)

FREETELを選んだというより、初めてだったのでプリペイドタイプでテストをするにあたりFREETELのプリペイド式を使ったから、というだけです。

料金と通信速度を踏まえ、非常にメリットを感じたので契約をすることにしました。

まずは切替ということで、今使っているキャリアからMNP番号を取得しましょう。私もauに電話し手続きしました。

ほとんどの人が2年縛り契約なので、解約金がかかることに注意!また端末代の割賦金が残っている人はその精算も必要です。次の請求でドカンと請求がくるはずです。

FREETELパッケージの購入

そしていよいよFREETELの手続きを進めましょう。
まずはAmazonでこちらのパッケージを購入!データ通信のみ・SMS付き・音声通話付きとそれぞれあるので希望のタイプを。

Amazonから届きました!
こちらがパッケージです。

中を開けるとこんな感じ。

ここにある手順に沿って手続きをしていきましょう。手続きページのQRコードが載っているのでアクセスしましょう。

FREETELへの登録

まずは購入したパッケージを選択。
私は「for iPhone」を購入したのでこれを選択します。

新規の人は「FREETEL IDを持っていない人」を選択します。

続いて、どのプランを購入したかを選択します。私は音声通話付きのプランなので一番下に。

そして、auからの乗り換えなので「申し込み(音声MNP)」をタップ。

すると申し込みフォームが現れますので、必要事項を入力します。FREETELで電話利用の新規申し込みを行うということですので、細かいところまですべて入力必須です。

全て入力したら、利用規約に目を通した上で下部の「申し込む」をタップします。

これで申し込みは完了です。
この画面が出たらブラウザを閉じてOKです。

本人確認書類のアップロード

登録したメールアドレスにメールが届いているはずです。そこにあるリンクから、マイページのログイン画面へ。
先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

ログインしたところです。

一見何もありませんが、右上のボタンを押してみると…

メニューが出てきました。
「ご本人様確認書類アップロード」をタップ。確認書類の種類を選んで、書類の画像をアップロード。

私は運転免許証を写メで撮影し、このページからアップロードしました。

SIMカードが来てから設定まで

本人確認審査の後、SIMカードが送られてきます。配達まで3日程度必要とありまさたが、私の場合は夜に本人確認書類までアップロードし、翌日夜に「出荷完了」のメールが来ました。

翌日にクロネコヤマトの宅急便で到着!

データ通信プランの場合はSIMカードを差し替えるだけですが、私は音声通話付きプランなのでもうひと手間。

といっても、切替専用窓口に電話して本人確認項目(住所や生年月日等)を答えるだけでOK。その後数十分(状況により異なるようですが、私の場合は15分程度と言われました)でFREETEL回線が開通します。

そして付属していた説明書を元にiPhoneの場合設定を行い完了。ハッキリ言って誰でもできます。簡単!

docomo LTE という表示になりました!これで切替は完了です。この瞬間に、契約していたauが解約となりFREETELとの契約がスタートしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)