「雑記ブログは稼げない」と言われますが、アフィリエイターの9割はそれより稼げていない。

ブロガーか、アフィリエイターか?
雑記ブログか、専門特化ブログか?
アドセンスか、アフィリエイトか?

ネットビジネス関連で、こうした対立概念が常に議論されています。ネットにおけるいろんな戦略の中で、どれが一番稼げるか?というのはみなさん興味があるということです。

雑記記事のブロガーはアドセンス広告だけでそんなに稼げない。本気で稼ぐなら専門サイトを立ち上げてアフィリエイトすべき!」といった意見が多いようですが、実際はどうなんでしょうか。

このブログのスタイル

まずこのブログですが、世間で言うところの「雑記ブログ」「ごちゃ混ぜブログ」というやつです。音楽やネットビジネスや家族について、さらに趣味や岡山近隣のグルメ情報まで節操なく書いています。

現時点で記事数は500件以上。ほとんどが検索エンジンからの集客です。

WordPressで運営しており更新情報はTwitterで流していますが、そこからの流入もあまりありません。またブログランキングやアクセストレード、ましてやはてブなんかも縁がありません。

言ってみれば、日々の記録をブログにつけているということです。もちろん読み手を意識していますが、ノンジャンルでいろいろ書いた記事単体に検索経由でアクセスが来ているので、訪問者一人当たりのPVは低いです。

ついでに書いておくと、サラリーマンが本業です。ブログは匿名であり、いわゆる「ファン」は居ません。

なので、ブロガーという言葉は違和感があります。

アフィリエイトに関する調査

そういえば先日、こんな記事を書きました。

アフィリエイト歴5年以上なのに月1万円も稼げない人が多すぎる(アフィリエイター調査の結果)

アフィリエイトサイト運営者500人へのアンケート結果が公表されていたのでそれを取り上げてみました。

月に1万円以上稼いでいる人は9%程度。
3万円に絞ると4%まで下がる。
ということは、9割の人は月に1万円も稼げていない。

アフィリエイトは月に1万稼げるのは全体の1割もいない」というのはよく言われることであり、この結果自体は大して驚くべきことではありません。

ただ気になっているのは、アフィリエイトサイト運営者という定義が曖昧で、このブログのような雑記ブログは含んでいないのかな、ということです。もし含んでいるのなら、何年もやって月に1万円も稼げないというのが違和感があります。

雑記ブログだから稼げないというのは違うはず

アフィリエイト収入というのにGoogleアドセンスのは報酬も含めて考えると、頑張ればこのトップの1割(=月に1万円)に入ることはできるはずです。

ちなみに当ブログは、アドセンスとAmazonアソシエイト、プラスアフィリエイト広告のセットで、このトップ1割には入っています。

※ブログで「◯万PV突破」「アフィリエイト報酬◯万円」などと書く人が多いですが、私はあまり好きではないので具体的には書きません。

これは、別途運営しているサイトは含めずこのブログだけでの話です。雑記ブログでも記事の積み重ねでそれくらいはいけるということです。

アフィリエイト歴5年以上の人は40%で、月に1万円以上稼いでいる人は9%しかいない。ということは、アフィリエイト歴5年以上なのに月1万円も稼げていない人が31%もいるということです。

先日の記事でこう書いたのですが、この調査を見ていると、稼げないアフィリエイトサイトを作るより日々雑記ブログを更新していったほうがいい、という可能性もあります。

もちろんやり方次第なので一概には言えませんが、稼ぐなら雑記ブログよりもアフィリエイトサイト専門サイト!というのは一概には言えないということです。

ちなみに私はこのブログは、さまざまな実験も兼ねています。なので「このブログで生活しよう」なんてことは考えていないのですが、PVが増えるとある程度比例して収入は増えますね。

ネットで稼ぎたいという人は、いろいろ自分で手を動かして試してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)