1997年の小沢健二(アルバム未収録の、廃盤シングル曲まとめ)

1998年の宇多田ヒカル」という本が人気なようです。ちょっと前に「1976年のアントニオ猪木」という本もありましたが、その人の特定の年の活動に焦点を当てるということで、安易ですがこの記事タイトルをつけてみました。

(ただのシングル曲まとめですので、評論文ではありません)

小沢健二の、1997年以降のシングル盤は全て、アルバムに収録されていません。

元のリリースが昔の8cmシングルということもあり、再発もなければレンタルショップにも置いていません。なので今はこれらの楽曲を正規の方法で聴く手段がないのです。
ダウンロード販売も無いですし、ヤフオク等でもプレミア価格になっています。

というわけでYouTubeを探すと、PVやテレビ出演映像などいろいろありますので、そこから紹介したいと思います。
(ほとんど自分用の記事ですが)

1997年〜1998年にリリースされた、4枚のシングル。

1997.7.16「Buddy/恋しくて」
・Buddy(3分18秒)
・恋しくて(3分57秒)
・恋ってやっぱり(3分01秒)
・それはちょっと(5分30秒)
(同名シングルのジャズアレンジ)

1997.9.18「指さえも/ダイスを転がせ」
・back to back(3分22秒)
・ダイスを転がせ(3分52秒)
・指さえも(4分16秒)
・流星ビバップ(3分22秒)
「流れ星ビバップ」のジャズアレンジ

1997.12.10「ある光」
・ある光 (JFK 8’16” Full Length)
・ある光 (JFK 4’23” F.O.)
・美しさ
「さよならなんて云えないよ」のジャズアレンジ

1998.1.28「春にして君を想う」
・春にして君を想う
・春にして君を想う (instrumental)
・ある光

これらの曲のYouTubeを貼ります。普通は一曲ごとに何か言葉を添えるのだと思いますが、何を書いても陳腐になりそうなので書いていません。

buddy

(作詞・作曲・編曲:小沢健二)

恋しくて

(作詞・作曲・編曲:小沢健二)

恋ってやっぱり

(作詞・作曲・編曲:小沢健二)

back to back

(作詞・作曲・編曲:小沢健二)

ダイスを転がせ

(作詞・作曲・編曲:小沢健二)

指さえも

(作詞・作曲・編曲:小沢健二)

ある光

(作詞・作曲・編曲:小沢健二)

春にして君を想う

(作詞・作曲:小沢健二 編曲:渋谷毅)

小沢健二はこれ以降、シングルをリリースするのを止めています。

ちなみにアルバム未収録のシングルというのは他にもありますが(痛快ウキウキ通りとか…)、この辺りは未収録曲を集めた「刹那」というアルバムに収められています。

しかし今回紹介したのは、それにも収録されていないもの。特に「ある光」なんかはものすごく人気ありますよね。というわけでダウンロードできるようにでもなればいいのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)