一つの機種を長期間使うより機種変した方が安いスマホ。「実質0円廃止」の影響は?

最近「携帯料金が前より上がっている」ということに気づきました

携帯電話の「実質0円廃止」が話題になっています。
結果的に携帯電話の使用料を下げる目的、ということですが、どうなんでしょうか・・・?

我が家は夫婦でiPhoneを使っています。
妻はiPhone6で、私は6Sが出た時がちょうど2年で機種変のタイミングだったのですが、6Sに魅力を感じなかったので見送りました。スペック的にもまだ問題なかったので。

そして先日、携帯料金なんか普段は全く気にしないのですが、たまたまアプリからの明細を見てみると…。

だいたいいつも月6,000円前後というイメージだったのですが、直近のを見ると8,000円を超えていました。
(機種代は購入時一括払いで、通話をほぼしないのでこの金額だったのです)

あれ?と思い、改めてここ数ヶ月の明細を見てみると、思いもよらぬことが…。

携帯料金が上がった理由

ちなみに私はauなのでauの内容ですが、ソフバンでもドコモでも似たような施策のはずです。

まずは昨年10月。
毎月割」が入っていますね。

ちなみにだいたいの人は、これに機種代の割賦払いが2,000円代プラスになるはずです。

そして、11月。
通話料などに若干の違いがありますが、それ以上に大きな違いが。

オプション料金が500円上がっています。理由が全くわからなかったのですが、調べてみると「テザリングオプション」でした。

あー!
機種変した当時、iPhoneでテザリングが解禁されて話題になったんですよね。それで、2年間はテザリング無料だったので申し込んだんです。
その無料期間が終わったということです。

そして12月。

2年間を過ぎたので、この月から毎月割がなくなりました。

というわけで、テザリング500円と毎月割2000円の廃止により、結果的に月額が上がったということです。
調べてみると今の機種の契約期間は「27ヶ月」とのこと。我ながら随分長く使っていますね…。

とりあえず、テザリングオプションは全く使っていないので、即刻解約しました。これって、とりあえず2年間無料ということでみんなに申し込ませて、ほとんどの人は私と同じで解約できていないのでしょう。

まあ、よくある手口ではあります。

機種変すると出費が増えるが割引も増える

今後、今の機種を使い続けると、現状の使い方で考えると8,000円程度。

で、ケータイ売場によくある「機種代実質0円」という文字。これは「機種代の割賦料金=毎月割で引かれる金額」なので実質プラスマイナス0円という考え方です。

「毎月割」は新規または機種変をしたら最大2年間発生する割引なので、今の機種を使い続けたら発生しません。

これらを踏まえるとどうなるか?

今の機種を使い続けても、実質0円携帯に機種変しても、出費は変わらないということになります。

別にエコのつもりで27ヶ月も使っているわけではないですし、機種を買うお金が無いわけでもないのですが、これには何とも言えない違和感がありますね。

機種変をしたほうがお得なのは、こんな理由です。機種変することにより当然機種代の出費が増えますが、その分割引が増えるということです。

実質0円が配信になり、携帯代はどうなるのか

実質0円というのが無くなるということですが、それが携帯料金の低下に繋がるかどうかは微妙です。結局、機種代が重くのしかかってくるだけのような気がします。機種を問わず一律の料金となるのであれば、端末代の高い機種を使う人はむしろ月々の負担額は増えるはずです。

ちなみに私は春に出ると噂されているiPhone5se(と呼ばれている機種)に興味があるので、もうちょっと今のままで過ごします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)