【米原駅】近江牛をふんだんに使った極上な駅弁を堪能

旅行に出かけると楽しみなのが、その土地ならではのグルメです。そこに行かなければ食べられない、という一期一会のグルメに他なりません。

そして、土地に降り立っての食事とはまた一風変わった雰囲気を楽しめるのが、駅弁です。

というわけで、先日米原駅で駅弁を買う機会があったので、記録として書き留めておきます。


滋賀県にある米原駅。
新幹線だと京都と名古屋の間の駅で、こだましか停りません。

新幹線で通過したことはありますが、在来線のホームに降りたのはもちろんはじめて!

ここはターミナル駅となっており、駅弁も豊富。そんな中、今回購入したのがこちら。

この地域の駅弁といえば「井筒屋」さんという会社が有名なのだそうです。そして地域的にやはり近江牛でしょう!

蓋をあけるとこんな感じ。

ご飯の下の方にも出汁が染みていて、お肉の旨さを引き立たせてくれました。旅のお供に最高な逸品。

ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)