ブログで煽って有料記事を売り、売上をブログで報告し金儲けを煽る。そんな情報弱者を釣るビジネスモデルは…

一昨日書いたこちらの記事。

ブロガーが流行らせようとしている「note」は、情報商材のように下品なカネの匂いしかしない

これを読んで知人からいろいろ指摘されたので補足します。

まず、noteをアピールするブロガーの人が悪いとは思っていません。イケダハヤトさんのブログは毎日チェックしており、ブログを起点としたビジネスの可能性という意味で非常に参考になります。

また、詐欺まがいの情報商材に騙されるな!とはいつも言っていますが、情報商材自体を否定しているわけではありません。役に立つものもあるはずですが、ああいうビジネスモデル自体は考えものです。

情報商材の総本山とも言える「インフォトップ」についても、ここからブログ関連のツールを購入したこともあり、そのツールは愛用しているくらいです。

そして一番指摘されたのが「カネの匂いを否定しているけど、自分だってASPからの振込を記事にしてるくせに!」というもの(笑)。

確かに!
私もこのブログでは、ASPの換金申請を記事にしたり、もっと言えばASPを紹介していたりもします。そう考えると、規模は全く違いますが同じようなものに見えるかもしれません…。


これについては個人の考え方次第ですが、前回の記事で言いたかったことをまとめると下記の通り。

「情報商材の問題点は、価格と内容が釣り合っていないところ」

「稼げる!という商材が、実際には稼げないものであることが多い」

「今noteをアピールしているのが、稼ぐこと自体ををコンテンツにしている人たちである」

「さらに、noteで稼げたことをブログのコンテンツにしている」

「今後、より情報商材に近い使い方がされていくかもしれない」

別に法的に問題があるとかではないですが、手口が情報商材屋さんと似ていますよねということです。

無料ブログで稼ぐ系の記事を書いて煽っておいて有料記事につなげるやり方とか、胡散臭さはそのままです。そしてそういうコンテンツは決まって「情報弱者」をターゲットにしています。

これがまさに、記事のタイトルにもしていますが「ブログで煽って有料記事を売り、売上をブログで報告し金儲けを煽る。そんな情報弱者を釣るビジネスモデル」です。

というわけで、そういうものばかり買ってしまうノウハウコレクターにならないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)