まだ情報商材で消耗してるの? いまだに騙される人が多いのに驚く

有名な定型文を敢えて記事タイトルで使ってみましたが、今まさにそんな気分です。

というのも、友人がくだらない情報商材を購入してしまったというのを聞いたからです。よくある「簡単作業で月◯万円の不労所得を稼げる」みたいな類のものです。
これを数万円も出して買ったらしいです。何やってるんでしょうか?

稼ぐためのノウハウが詰まったPDFファイルがメインですが、購入特典として、
SEO対策万全のWordPressテーマだったり、過去に数万円で販売されていた情報商材がいくつかついていたとのこと。

遠方の友人なので中身は見ていないのですが、やっぱりイメージ通りのものですね。本人は「頑張るぞ!」と気合いが入っているので、何も言っていないですが。


冷静に考えれば、役に立つものがこうして販売されているわけないというのは明らかなのです。しかし、「ネットで稼ぎたい」という人たちの心理を巧みについた広告で、相変わらずこういうのは無くならないどころか、物凄い稼いでいる人もいる始末です。

冷静に考えてみてください。
ホントに簡単に稼げる方法だとしたら、そのやり方を自分だったり身内に伝授したりして稼ぎまくりますよね?

そんなお得な情報を売るということは、要はそこまで稼げないノウハウであるということです。
「昔は通用した」「まあそうだけど物理的に不可能でしょ」というものもあるでしょう。

笑い話によくある「タダで大量の女の裸を見る方法」という情報商材を買ったら「銭湯に就職して番台に立つ」と書いてあったような話です。

情報商材って、モノではなくデータをダウンロードしてもらう形なので、原価は固定です。制作費のみ。
あとは販売手数料です。要するにアフィリエイターにしっかり宣伝して売ってもらうために、アフィリエイト率を高く設定しています。そして「購入者しかアフィリエイト権が発生しない」というやり方。

だから、買った人が元を取り返そうとしてアフィリエイト紹介しているサイトが乱立しているわけです。なのでみんな商材のことをベタ誉めでしょう?

例えば4万円の情報商材のアフィリエイト報酬が2万円だとすると、2本売れば仕入れ値の元が取れます。そして3本目からは丸々利益です。
元の販売者は、アフィリエイト報酬を2万円支払ったとしても残りの2万円入ります。しかもアフィリエイターが売りまくってくれるわけです。

そして底辺には、購入したけどアフィリエイトで売れなかった人たち。結局ピラミッド構造になっており、下から上にお金が吸い上がっていくのです。

これ、何かと一緒ですよね。
ネズミ構です。

継続的ではないのと商品が介在していることもあり、厳密にはネズミ構ではありません。しかしやってることは一緒でしょう。情報商材で稼いでいるアフィリエイターは、このピラミッドの上の方に居るに過ぎないのです。

ピラミッドを上に上がっていくにはどうするか?それはアフィリエイトで売るしかないのです。なのでみんな、同じような「稼げる系ブログ」を作って、せっせと情報商材をアフィリエイトしているのです。

ちなみにそういう人たちは決まって、WordPressテーマ「L◯R◯A」を使って同じパターンだったりしますね。
※L◯◯EAを使っているからどう、というわけではありません。ただ、情報商材を売っている人は高い割合で使っているというだけです。

というわけで、この記事が友人に届くことを祈っています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)