日本人のネット利用調査 2015年版 FC2が3位に入っているのはすごい

気づきませんでした。
12月に出ていたんですね。毎年恒例のニールセン社によるインターネット利用調査。

一応、記録しておくためにこの記事で振り返っておこうと思います。

FC2が3位ってすごい

ニールセンが発表した「2015年 日本のインターネットサービス利用者数ランキング」で、パソコンからの利用者数トップは「Yahoo!」(3892万人、前年比5%減)。2位は「Google」(2491万人、同11%減)、3位「FC2」(1986万人、同12%減)となった。

(中略)

パソコンからの利用者数トップ10は以下のとおり。1位「Yahoo!」は3892万人で2位以下との大差となったほか、上位3サービス(Yahoo、Google、FC2)は昨年と同順位。4位「楽天」が昨年6位から、5位「アマゾン」は昨年7位からランクアップしている。

日本人のネット利用2015、PC経由1位は「Yahoo!」3900万人、スマホアプリは「LINE」が3年連続トップ ―ニールセン

というわけで図はこちら。
↓ ↓

大手どころがひしめいており予想どおりではありますが、FC2が3位というのはすごいですよね。去年もそうでしたが。

これはFC2動画をはじめとするアダルトコンテンツの力だと思いますが、ビジネスモデル自体がグレー(というか黒)であるにもかなわらず、例えばDMMのような大手でも太刀打ちできないというのは皮肉なものです。

調査方法と対象について

こんなのもありました。
スマホアプリの利用者数調査。

やはりスマホで日常的にみんなが使うアプリということで、当然のことながら、SNS関連が上位になります。

そして、気になったのがこちらの「調査方法」に関する情報。

この調査は、同社のモニターを対象に実施した視聴率調査のデータに基づいたもの。パソコン利用者については2歳以上の男女、スマートフォンについては18歳の男女が対象。2015年1月から9月までのデータに基づいて平均月間利用者数にてランクした

パソコンが2歳以上、スマホは18歳以上だそうです。今や高校生のほとんどがスマホを持っているという時代なので、むしろ18歳以下のスマホ利用者の傾向も大きな指標となるはずですが…。

あくまで自身の記録なので、結論も何もありません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)