ネットビジネスで成功した人はなぜ、みんな決まって過去が悲惨なのか?

ネットビジネス界隈で私がいつも思う、ものすご〜く素朴な疑問です。
WEBビジネスのブログでいろんな情報を収集している人は
みんな一度は思ったことがあるはずです。

情報商材系のアフィリエイトで成功した人の、ブログのプロフィール欄。
その人の生い立ちから過去や境遇や体験をアピールしています。
何人かのそういったブログのプロフ欄を確認してみてください。
だいたいみんなそんな感じで自己紹介をしています。

ほとんど皆さんそうです。

これに気付くことができるかどうか。
少なくとも、インターネットで稼ごうとしているのであれば、
こういった傾向については敏感に察知し、疑問を持って頂きたいです。

アフィリエイト成功者はみんな悲惨な過去がある?

アフィリエイトで成功した人のブログをいくつかチェックしてみます。

・借金があった
・生活保護を受けていた
・ニートだった
・離婚した

生い立ちのところに、だいたいこのような文言が並び、
そういう状況の中でアフィリエイトに出会います。すると…

・借金を返済した
・起業した
・家族が戻ってきた
・悠々自適な生活を送っている

こんな感じで、お金を手に入れることで幸せになったという流れです。

まとめると…
「私はこんなに不幸でした、しかしアフィリエイトに出会いお金を稼ぎ、こんなに幸せになった」
という流れです。
私も最初はそういうものを見ても「まあ、そういう人も居るよなあ」
という感想を持っていました。

しかし、だいたいみんな同じような成功体験をしていることに、
ある日違和感を覚えました。「これも戦略の一つなのかな」と。

もちろん、私の主観です。
これ自体は悪い事だとは思っていませんので念のため。
ただ「みんな一緒だなあ」という素朴な疑問です。

ギャップとお涙頂戴に弱い日本人

では、なぜ成功体験をブログにするのでしょうか?
ある日ふと思って、「失敗体験」をネットで探しましたが、
見事なまでに成功体験に比べて少ない!
成功体験はいくらでも出てくるのに、失敗についてまとめたものはあまりないんです。

成功体験をブログにする目的は「情報発信」ですが、ではなぜ情報発信を行うのか?

答えは一つ。
それにより対価を得るためです。

ブログへの広告掲載や、メルマガ読者を集めての販売促進など。
そこから自分のコンテンツや、情報商材をアフィリエイトして稼いでいるのです。

そのための「手段」としての情報発信です。

※くれぐれも言いますが、否定しているわけではありません。
私もアフィリエイターなので。
ただ、これからネットを利用して稼ごうとしているのであれば、
こうしたカラクリには気付けるようなスキルは必要だと思います。

そして本題。
なぜみんな「過去が悲惨」なのか?

これは、日本人だからです。
「こんなに不幸だったのに、アフィリエイトをすることで幸せになった」
というギャップ、反動に日本人は弱いというお涙頂戴の考え方です。

ゼロからのプラスよりも、「マイナス」からのプラスの方が当然、
大きく印象に残ります。絶望から幸せへというサクセスストーリーを
演出するのに、過去は悲惨であればあるほど効果的なのです。

アフィリエイト成功談を読む時の考え方

私はこういった過去の悲惨体験は、あまり信用していません。
こう言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、情報を発信する
立場としては出来る限り客観的視点で偏見なく物事をみたいと
思っているのであまり参考にしていないということです。

これは私の主観ですが…
これからネットを利用してでお金を稼ごうと思っている人で、
こういう「昔は悲惨だったけど〜」といった類のものを全て真に受ける
ような人は、多分あまりネットビジネスに向かないんじゃないかな…
と思ったりします(個人的見解です)。

逆に、こうしたいろんな「逆転サクセスストーリー」に左右されず
客観的に「この人はどういうカラクリで稼いでいるんだろう?」と
いったところに興味をもち情報収集をしていく人。
こういう方は非常に才能があるのではないかと考えます。

ちなみに私は借金があるわけでもなく、ごく普通の生活を送る事が
できています。一般的なサラリーマンなので極端なこともありません。

こんな私のような標準的な人よりも、「借金1000万円あったけど
ネットビジネスで返済し、今は悠々自適な生活をしている」
という人の方が面白そうですよね…!?

要は、そういうことです
というわけで、ネットを使って稼ぐのであればまずはネットビジネスで
稼いでいる人の仕組みを知る事が重要であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)