確実に月10万円稼げる、金券ショップを使った簡単お小遣い稼ぎ(公務員以外は問題無し)

   

インターネットの普及により、副業やお小遣い稼ぎも便利になりました。パソコンさえあれば、自宅での作業だけで誰にも会わずにお小遣い稼ぎができる時代です。

そんな中、アナログなお小遣い稼ぎ情報が思わぬ形で飛び込んできました。全く違法でも何でもなく、ただ「副業禁止の公務員だったから」問題になっただけというもの。

アフィリエイトもいいけれど、動いた分確実に収入になる、こういうアナログなお小遣い稼ぎもいいんじゃないでしょうか?

何より、スキルも経験も何も要りません。というより、恥じらいがない方がいいというものです。

コツコツ公務員 金券ショップ錬金12年で1500万円

 金券ショップで割安に買った旅行券を使って新幹線の切符などを購入し、それを払い戻して利益を繰り返し得ていたのは国家公務員法が禁じる兼業に当たるとして、東京労働局は25日、労働基準監督署の40代の男性職員を停職1カ月の懲戒処分とした。労働局によると、職員は12年間で約1500万円の利益を得たとみられるという。

 職員は1999年4月~2011年4月、勤務時間外に週3~4日のペースで1日約50万円分の旅行券や商品券を割安で購入。それを使って新幹線の切符や航空券を買い、払い戻して差額を得ていた。不審に思われないよう、複数の駅で払い戻しの手続きをしていたという。

 旅行券は、大手旅行会社などが発行している。インターネットや都内の金券ショップでは、額面1万円の旅行券が9000円から9700円程度で販売されている。額面50万円分を1枚9700円で購入すると、1回で実質1万5000円が浮くことになる

12年間で1500万円の利益ということは、月あたり10万円くらいの利益。これなら立派な副収入ですよね。

安くなった旅行券を購入し、新幹線の切符を購入してその後払い戻して現金化。これを週に3〜4回行うということで、いろんな駅でやっていたとのことですが、さすがに地道過ぎるのと恥ずかしいのもあり、私にはできません。こういうのもある意味、公務員気質というのでしょうか?

ニュースになっているのはあくまで「国家公務員の兼業だからダメだった」というだけの話です。法的にも全く問題はないようです。

…とか言ってるとそのうち何かしらの規制が入りそうですが…。これで月10万円の利益が出るというのがすごいですね。暇なサラリーマンの人、急いで金券ショップへ!!(笑)

 - ニュース