低収入な人の特徴=喫煙家・肥満気味・歯が少ない だそうです。抜け出したい人は要注意

ネットではいろいろな調査が行われており、結果が発表されています。そんな中でもなかなかパンチの効いた調査結果が出ていました。

というのも「所得低いほど高い喫煙率、歯少なく肥満者多い」という衝撃的な見出しで厚労省の調査がでていたんですね。ちょっと引用します。

世帯の所得が低い人ほど、健康診断を受けない割合や喫煙率が高いなど、健康作りに積極的ではないとする国民健康・栄養調査の結果を厚生労働省が発表した。

 厚労省は、低所得層は健康管理を意識する余裕がないことが背景にあると分析、生活習慣の改善を後押ししていく考えだ。

 調査は、昨年11月に全国の5432世帯を対象に実施。回答のあった3648世帯を、世帯所得別に200万円未満の低所得層、200万円以上600万円未満の中所得層、600万円以上の高所得層の3群に分け、生活習慣を分析した。

 低所得層では健診を未受診の人の割合が男性で42%、女性で40%と、高所得層のそれぞれ16%、30%よりも高かった。習慣的に喫煙する人の割合も男性で35%、女性で15%と、高所得層のそれぞれ29%、5%を上回った。さらに歯が20本未満の人や肥満者の割合も、低所得層は男女ともに高い傾向があった。

所得低いほど高い喫煙率、歯少なく肥満者多い

まず3648世帯のサンプルを取っており、それを世帯収入でグループ分けした上での結果という事ですので、これを見る限り調査母体としては疑問はありません。

とりあえずこの調査では、「収入の低い人は、タバコを吸うし健康診断は受けないし歯が少ないし肥満傾向にある」という風に、非常にわかりやすい傾向を示してくれています。

以前も書いたかもしれませんが、私は喫煙をしていたのですがキッパリやめました。辞めてあらためて思うので「タバコは臭い」これだけです。すれ違うだけで「タバコを吸う人」というのはわかります。これって自分が吸っている時にはわからないことでした。

しかも今は1箱400円以上します。
1日1箱吸うと、月に15,000円。
それで「お金がない」とか言っている人はまたタチが悪いですね。

話がそれましたが、これって「タバコを吸うし肥満だから低収入である」というわけではなく、「低収入なスペックの人の傾向」と考えるべきです。低収入から抜け出したい人は、まずはこうした生活習慣等を見直してみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)