ニコニコ「YOSHIKI CHANNEL」の入会促進と、ネットビジネス展開の凄さ

XJAPANの横浜アリーナ4daysが終わり、Twitterも賑わっていました。私も気になってチラチラ見ておりましたが、楽天・三木谷社長の動画ツイートがTwitterで大顰蹙を買っているのを見て、先ほど記事を書きました。

楽天・三木谷社長がまさかの「バカッター」XJAPANのライブ動画をTwitterにアップ!

そうこうしているうちに、「ニコニコ生放送」にライブ終了後のYOSHIKIが生出演というのを目にしたので、興味本位で開いてみました。4daysの直後に生出演ってなかなかすごいですよね。


都内のリハーサルスタジオにて、ついにYOSHIKIが登場。この時点で2000人以上が視聴しています。声が若干枯れていましたが、いろいろとライブのことなどをトーク。そしてライブのグッズ紹介。

「YOSHIKI CHANNELの会員の方へのプレゼント用に、どれかにサインしていただけますか?」との問いに「全部にしますよ」という太っ腹な答え。そして全部にサインをしていく姿が放送されています。

そしてリハーサルスタジオについての話になり、「スタジオ内にトレーニング機器も持ち込んでいる」という話になり、「ではこの後、トレーニングルームの方に行ってみましょう。YOSHIKI CHANNELの会員の方は続きをご覧頂けます」とのこと。

そして、何とYOSHIKIが「リクエスト貰えたらピアノ弾くので、聴きたい曲をリクエストしてください」と言った直後に、無料放送終了!

こんな画面になりました。

ss

え、ピアノ弾いてくれるの??
最後にボソっとそんな事言われたら、見たくなるに決まってますよね…。今この無料放送を見ているのは、わざわざアクセスしてきた濃い顧客ですから。

そういえば先程YOSHIKIがサインを入れたグッズのプレゼントも、この後あるはずです。

それでちょっと調べてみたのですが、ニコニコで月額864円のYOSHIKI CHANNELというのがあるようです。

この画面を見ていると、メッセージは引き続き流れ続けており、時折画面上部に「5人が入会しました」と言ったメッセージが表示されます。今この場でYOSHIKI CHANNELに入会すれば放送が見られる!という風に煽っているわけです。

うまくできているな〜と感心します。
よく見るとこのYOSHIKI CHANNELでは、過去のアーカイブ映像もストックしておりいつでも見る事ができるようです。

YOSHIKI CHANNELを運営しているのはジャパンミュージックエージェンシー。XJAPANの原盤管理をしている会社で、新しい音楽ビジネスの1つとしてこのYOSHIKI CHANNELを位置付けているようです。

YOSHIKI がTwitter等の各種ネットサービスに積極的なのも頷けますし、月額制の会員サイト「YOSHIKIモバイル」はガラケーの時代から運営していました。この辺りもビジネスの嗅覚ですね。

ミュージシャンとファンの、従来とは異なる双方向のコミュニケーションが構築でき、またファンクラブ的要素もあり、音楽ビジネスの新たな形として今後ますます普及していくのは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)