情報商材業者が簡単に稼げるのは、顧客リストを持っているからである

先日知り合いとネットビジネスについて話をする機会がありました。その中で根本的なことを聞かれたので、話したことを記事にしてみます。

それは
「稼げる系の情報商材は、ホントに簡単に稼げるのか?」という素朴な疑問。

ネットによくある「簡単な作業で月収100万」「情報発信がお金になる」みたいなものです。そんなうまい話があるわけがないというのは理解しているようなのですが、「でもその人達が稼げているのはなぜなのか?」と。

ネオヒルズ族と呼ばれていた人たちや、世界を旅する年収1億円の人など、なぜあんなに稼げるのか?


答えは1つ。
「顧客リスト」を持っているからです。

前述の人たちは、数十万件という顧客リストを所有していると言われています。ここで言う顧客リストとは、メールアドレスのことです。

「広告をコピペするだけで簡単に稼げる」みたいなキャッチコピーがありますが、アクセスのほとんどないブログに貼付する場合と、数十万件のメールアドレスに一斉にメールを送る場合。こんなの比較するまでもありません。

情報商材のターゲットは主に「簡単にお金を稼ぎたい」という人です。
そんな人のリストを10万件持っているとして「簡単作業で稼げるノウハウ」という5万円の情報商材を案内するとしましょう。

成約になった場合の報酬を1件1万円とし、例えば5000人に一人が購入してくれた場合、20件の成約なので報酬は合計20万円。

ほら、簡単な情報発信だけで20万円稼げました(笑)

だから、簡単な情報発信で稼ぎたければまず、メールアドレスを取得するしかありません。

または「爆発的なアクセスのあるブログを持っている」「Twitterのフォロワー数がものすごい」といったような、情報発信の手段を持っていれば可能ですが、そこまでが大変なんですよね。

要するに「情報商材のキャッチコピーを鵜呑みにしてはいけない、ということです。冷静に考えればわかることですが、稼ぐには地道な努力が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)