岡山の焼鳥屋さんといえば名店「新八」。ピリ辛の胡椒味が極上!

先日、「東京で食べられる岡山の味」たいう特集で紹介されていた焼鳥店。

焼き鳥 まる政

岡山の焼き鳥有名店「新八」の味を東京で!ということで、修行して出店したということだそうです。

岡山の「新八」は、週末はもちろん平日でもいっぱいの人気店。胡椒で焼くピリ辛の焼鳥はクセになります。

よく考えたら焼鳥って「たれ」か「塩」が定番で、胡椒でピリ辛っていのは珍しいようです。確かに他の焼鳥屋さんに行っても無い味です。

というわけで、そんなテレビの特集を見ていると無性に行きたくなったので先日、数年振りに新八へ行ってきました!


土曜日の夕方に電話してみたのですが、予約がいっぱいだとのこと。というわけで、夕方17時オープンなので17時過ぎに行ってみると…

店内はほぼ満席!

夕方の5時過ぎですよ!?

ボックス席が最後の1つ空いていたので、かろうじて座れました。イヤホントビックリです。

桃太郎通りから一本南側に入った通り。この看板が目印ですね。

メニューです。
注文は一本単位でできます。

これは外せない!
せせり!

定番の、焼鳥。

美味しそうなのが写真でも伝わってきますね。

久々に食べましたが、極ウマ!ピリ辛なのでビールとキャベツが進みます!

頼んだのは
・焼鳥
・しそ巻き
・すなずり
・かわ
・せせり
・つくね
・なんこつ

そして、これも名物の手羽先!
一皿に5本入っています。

プラス湯豆腐やら枝豆、おにぎり数個に飲み物各種。

今回、家族で行ったのですが、子供達もこういうところに来るのも初めてなので楽しそうでした。ピリ辛といいつつ、案外子供たちもパクパク食べていたのに驚きでした。

あらためて「新八」オススメです!

強いて言えば予約しないと席がなかなか取れないというのがネックですが、予約したり行列に並ぶだけの価値がありますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)