Something Stupid

サラリーマン・グルメ・家族・音楽・アフィリエイト

音楽

【アルファ編】藤井麻輝によるSOFT BALLETの名曲5選を勝手に選ぶ(SCHAFT復活記念)

投稿日:2016年2月9日 更新日:

今井寿と藤井麻輝による「SCHAFT」が復活し、音源リリースとライブということで賑わっています。

当ブログでももちろん記事にしました。

今井寿と藤井麻輝による「SCHAFT」復活によせて 〜YouTube動画で振り返る〜

SCHAFT「ULTRA」CDではなくiTunes Storeでダウンロード購入してみた

当ブログへのアクセスを分析すると「シャフト 今井」といったGoogle検索からアクセスしてきてくれているようでありがたいです。

そして先日発売された新作「ULTRA」を聴き、改めて藤井麻輝という人の緻密な音作りに触れました。

twitterでもレコーディング中の進行具合や煮つまり方が垣間見えるようなツイートがありましたが、復活した今回も藤井麻輝ワールド全開。

そして本題。
そんな藤井麻輝はもともと「SOFT BALLET」で世に出てきたというのは、SCHAFTを聴いている人にとっては当然のこと。

というわけで、ソフトバレエにおける「藤井麻輝作品」に絞って5曲挙げます。極力、今のSCHAFTに通じるようなものをセレクトします。SCHAFTキッカケでソフトバレエに触れるという人が居ればいいなと思っています。

・・・と思ったのですが5曲には絞れないので、ソフトバレエの活動期をレコード会社で分けて、前半を「アルファ時代」、その後を「ビクター時代」と分けて5曲ずつ挙げたいと思います。
(再始動の曲は今回は含まず、また改めて…)

この記事は「アルファ編」とします。
また、コチラの記事とあわせてご覧下さい。
【ビクター編】藤井麻輝によるSOFT BALLETの名曲5選を勝手に選ぶ(SCHAFT復活記念)

アルファ所属時代の楽曲から5曲。
あえてライヴ映像を選んでいるものもあります。ビクター時代のライヴ映像もありますが、あくまで楽曲の発表された時期で区切っています。

SOFT BALLET「L-MESS」
SOFT BALLETのデビューアルバム「EARTH BORN」より。
民族音楽のサンプリングとか、面白いなぁと当時聴いていました。


ソフトバレエというとどうしても四つ打ちのリズムを思い浮かべる人が多いと思いますが、このリズムが気持ちいいです。

ちなみにデビュー前に太陽レコードから出たシングル「BODY TO BODY」の2曲目でもあります。

SOFT BALLET「COMA BABY」
アルバム「DOCUENT」に収録。
このポップさの無い楽曲が好きだったのですが、ここで紹介するのは1995年の解散ライブ映像。原曲よりも抑揚がはっきりして、1曲の中に極端なまでの「動と静」が共存しています。

SOFT BALLET「Virtual War」
アルバム「愛と平和」に収録。
代表曲の一つ。ギターの音色が激しいのと、歌詞も当時の時代(湾岸戦争の頃)を反映しています。

SOFT BALLET「TEXTURE」
こちらもアルバム「愛と平和」に収録。
こういうバンドで3拍子の曲って無いと思うのですが、音階のキモチよさとあわせてフジマキワールド。

SOFT BALLET「BLOOD」
意外な選曲かもしれません。アルバム「愛と平和」には未収録でしたが、シングル「EGO DANCE」のカップリング曲。有名じゃないですが好きな人も多いのではないでしょうか?これが通じる人がいたら嬉しいです。


イントロからDEPECHE MODEの「JUST CAN’T GET ENOUGH」ですね。

他にも「BLACK ICE」」「NEEDLE」「SPINDLE」など選びたい曲はあったのですが、5曲縛りという事で強いて選びました。

というわけで、ソフトバレエのアルバムはほとんど廃盤となってしまっていますが、アルファ時代の作品を集めたベスト盤が出ています。
時代的には「EARTH BORN」「DOCUMENT」「愛と平和」まで。オススメです。

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

b6bc5595

JASRACの独立禁止法違反判決で、音楽著作権の徴収・支払いの仕組みは改善されるのか?

これってかなりのビッグニュースじゃないでしょうか。JASRAC(日本音楽著作権協会)が独占禁止法違反と言い渡されたとのことです。 こういう協会とか連盟と名のつく「そのジャンルを統括している組織」は、特 …

IMG_6568-0.PNG

LINE MUSIC の検索機能が、現時点ではクソ過ぎる!タグ管理でDB化しないと使いモノにならない!

LINE MUSICのことについていくつか先日記事にしました。可能性を秘めた素晴らしいサービスだと思いますが、とりあえず現時点のダメな点として、「検索機能」が挙げられます。 LINE MUSIC体験記 …

アクの強い音楽を「ディスコ」というレールに載せて大衆化させた細野晴臣のプロデューサー視点

やっとわかりました! 何がって…YMOです。 ちなみに個人的にはYMOという呼び方は好きではなく、Yellow Magic Orchestraという言葉が好きなのですが 書くのが大変なのでYMOとしま …

ハイレゾ音源とは何なのか?BUCK-TICK「悪の華」2015mix無料ダウンロードキャンペーンを基に解説!

ハイレゾ音源無料ダウンロードキャンペーンが始まりました。 BUCK-TICK「悪の華」25周年記念盤リリース連動企画だそうです。この作品については以前、記事にしました。 今後の音楽ビジネスにおける一つ …

視聴用ダイジェスト動画!大滝詠一「DEBUT AGAIN」

間も無くリリースされる大滝詠一の「DEBUT AGAIN」。最初にアナウンスされた時は「そうきたか!」とビックリした人も多かったと思います。 収録曲を整理します。 DISC1 1.熱き心に 2.うれし …