脱・スマホゲームのススメ!貴重なスキマ時間を無駄遣いしないために

      2015/10/29

妻に誘われて、ここ2ヶ月くらい夢中になっていたものがあります。「LINEバブル2」という、いわゆるスマホゲームと呼ばれるものです。

「ツムツム」とかもやってみましたが、攻略していく感が楽しいバブルに夢中になり、260面くらいまでいきました。子供達も時々やりたいというので、させたりもしていました。

そんな「LINEバブル2」ですが、いろいろ考えた結果、昨日妻と一緒にお互いiPhoneから削除しました。

子供達に聞かれたので「消したよ」と言うと、ものすごく残念そうな顔をしていました。まあそりゃそうですよね…

理由としては、「時間が勿体無い」それだけです。教育がどうとか目に悪いとかではなく、ちょっと空いた時間ができたらすぐにゲームしだすようになってしまい、キリがないからです。

ちなみに課金は一切していません。

スマホとゲームの組み合わせは最強

スマホゲームというのは非常によくできていて、スマートフォンという特性上、常にゲーム端末を持ち歩いているようなもの。なので、ちょっと空いた時間ができたらすぐに始められるような仕様になっています。

そしてLINE系列なだけあり、LINEの友達を招待して競って、炎(プレイする権利)をあげたりもらったり…うまいことできているのです。

その上で有料で炎を売っていたりするので、ズルズルとLINEバブルにはまっていき課金をする人がいるんだろうなぁというのは、非常によくわかります。

ちょっと空いた時間にやるのですから、時間の無駄なことこの上ありません。

今まではスマホの特性を生かし、どこにいてもニュース等を読んで情報をインプットしたり、またブログを書いたりすることができていたのですが、それがいつのまにか「どこにいてもゲームができる」になってしまったということです。

ゲーム自体を否定するわけでは無いのですが、冷静に考え流とアホらしいですね。

これ、自分がしていると何も思わないのですが、人がゲームやっているのを客観的に見るとわかるんですよね。妻がゲームしているのを見て「あーこれへ止めないといけないなー」と思ったわけです。

日本人はゲーム中毒気味?

スマートフォンというのは非常に便利なもので、仕事もプライベートもアフィリエイトもスマホのおかげで快適になっています。

電話やメールという従来のケータイの機能に加え、人によりますが私の場合は…

・ネットサーフィン
・仕事のスケジュール帳
・地図、ナビ代わり
・音楽プレイヤー
・SNS
・ニュース等の情報収集
・家族の写真撮影や管理
・ブログの執筆
・アフィリエイトサイト管理
・アフィリエイト売上管理
・株式売買

主にこんな感じでしょうか。
ここまで便利なスマートフォン。そんなスマホについて興味深い記事を目にしました。いわゆるモバイルゲームの利用時間を、ネット先進国で比較したものです。

モバイルゲームの利用時間では、日本と韓国がほかの3カ国を圧倒している。モバイルゲームでは、日本では米国に比べてセッション数(利用頻度)で約3倍、利用時間では約4倍となっていて、アプリストアにおける収益のうち90%がゲームアプリで占められている。

日本ユーザーがスマホゲームに費やす時間はアメリカの4倍、App Annieの調査レポート

アメリカの4倍って、かなり強烈ですよね。この記事にはこんな表もついていました。図にすると圧倒的!

もちろんゲームをたくさんするからダメとかではありませんが、こういうデータを突きつけられると「他にやること無いの?」と思ってしまいますね。

確かにスマートフォンが一般的になりすぎて従来のケータイに取って代わるような時勢となったのは明らかです。
新しい情報に対して保守的、受身的と言われる「レイトマジョリティ層」まで浸透したことで、結果的にスマホがゲームとして使われまくっているというのも合点がいきます。

…というより、レイトマジョリティ層を取り込むのには「ゲーム」が最適だから、テレビでスマホゲームのCMを流しまくったと言う方が正しいでしょう。テレビに影響されやすい層=レイトマジョリティと言われているのもうなづけます。

スキマ時間にスマホゲームをちょこちょこやって、例えば累積で1日1時間。その1時間があればどれだけの情報をインプットできるか?何本のブログ記事が書けるか?

…と考えるとアホらしくなってきますよね。

というわけで昨日までLINEバブル2に夢中だった私が、コロッと考えを変えたのでみなさんにも「脱・スマホゲームのススメ」をしたいと思い、記事にしてみました。

 - 家族