「履歴書は手書き?電子データ?」の問題は結局、リクルートの一括エントリーシステムが諸悪の根源である!

stevepb / Pixabay

お笑い芸人でIT企業役員の厚切りジェイソンさんの、このツイートが話題です。就職活動の履歴書における「手書き信仰」のようなものに対しての発言です。

みんなと一緒の方が無難

かつてホリエモンも同様の見解を述べていましたが、結局は「その会社による」「どっちでもいい」のが回答です。

というのは、いくら「パソコンで作るのを基本としましょう」というルールになったところで、「手書きの方が人間性がわかっていいから」ということで採用の基準にしてしまうような会社は絶対にある、ということです。

リクルートスーツも一緒で、他の人との差別化をよしとしないものです。採用関係のコンサルティングをしていた友人に以前聞いた話だと、要するに「採用の合否に影響する可能性があるものは、極力除いていく」というのが、就職活動におけるアドバイスだそうです。
(そんなことは本心では思ってはいないが、求められるアドバイスはそういう類のものになるそうです…)

なので、ルールというよりもそういう世の中の風潮、考え方が変わるのを待つしか無いとも言えます。

たくさんの企業へのエントリーを推進するリクナビが諸悪の根源

そもそもですが、私も就職活動をしましたし転職も経験し、今思うと履歴書は手書きで書きましたが特に苦痛に思った事はありません。大学の新卒で就職活動は2、3社程度を受けた程度でしたし、転職については希望する会社に中途入社希望で面接に行って採用されたので、「何社も受けまくった」というわけではないのでそんなに枚数を書いていないからかもしれません。

これは別に面倒だからというわけではなく、興味が湧いて「採用試験を受けてみたい」と思うのって数社程度だからです。そして転職については普通、何社も受けませんよね・・・?

これについていろいろ考えていて思い出したのは、以前私が書いた記事。転職サイトの「リクナビ」が余りにもヒドいなあと思って書いた記事です。

リクナビが凄い事に…とにかくエントリーの数を増やせばいいと思っているっぽい

要は、リクナビがとにかくたくさんの会社にエントリーさせようとしているのが、余りにも露骨過ぎて引くレベルですという話です。添付した画像がこちら。リクナビの画面からの流用です。

Bjn6-S3CEAA31iz

この画像を見ただけでヒドいというのが伝わってきます。
内定をもらった先輩達のエントリーした社数を出して、あなたは今これだけしかエントリーしていないですよ、と煽っているのです。

リクルートやマイナビやこういう就職・転職サイト業者は、クライアントである企業に対し、掲載料をもらって掲載をしているわけです。これも争いですから、例えばマイナビで去年100件のエントリーがあったのにリクナビが50件しかなくてしかも料金が同じだったら、「マイナビだけでいいじゃん」となってしまいます。そこでの比較する指標って、「エントリー数」なんですね。要は応募数。

なので、リクナビなんかは「一括エントリー」ができるような仕組みにしています。一覧からチェックを入れて「一括エントリー」するだけでエントリーが出来てしまう。こうやってリクナビ等はエントリー数を稼いでいるわけです。来年もリクナビに載せてもらわないといけないですから!

一括エントリーで50社とかエントリーして、とにかく受験しまくるとなると、履歴書も何十枚も必要となってきます。こんなの手書きでできるわけがない!

これって、厚切りジェイソンさんやホリエモンが言っている「手書きの履歴書なんか無駄」という論点とはまったく別の問題です。そもそも数十社もエントリーして採用試験を受けに行ってしまうって時点でおかしいですよね。

ドワンゴのように受験料を取られてしまうとリクルートの商売が成り立たない

ドワンゴ社が、2015年春入社の新卒採用で受験料を徴収をしたということでニュースになりました。それがリクナビの審査に引っかかるということでリクナビから撤退をしたようです。

リクナビを始めとしたリクルート媒体は、厳しい企業審査がある事で知られています。特に採用、就職というジャンルにおいては「求職者を守るため」という建前がありますが、実のところ「リクルートのビジネスモデルが成り立たなくなる企業は載せない」という側面もあるということになります。

ドワンゴのように、求職者からお金を取ることにより今までのような「一括エントリー」の求職者はふるい落とされることでしょう。企業からすると、「たくさんの人から選ぶ」というのも重要な要素ではありますが、求職者が多過ぎて面接の手間がかかる」というのも事実。ドワンゴのやり方というのも、採用方法の一つとして面白い試みだと思います(受験料で儲けようとしている訳ではないのは、考えればわかることです)。

というわけで、「履歴書は手書きか否か」の議論に潜む大きな問題は、結局の所リクルートが広めた「一括エントリー」の影響があると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)