大阪の隠れた観光名所・インスタントラーメン発明記念館!オリジナルのカップヌードルが作れる!

大阪に行ったら寄りたいなあと以前から思っていた、「インスタントラーメン発明記念館」。先日行って来たので記録しておきたいと思います。

日清カップヌードルをオリジナルで作れるということで、子供達も行ってみたいということだったので足を伸ばしたのですが、大阪でも池田市というのはかなり北の方。県外からの来訪者が多いはずなので、「なぜこんな外れにあるの?」と思いながら・・・

ナビを頼りに行ってみたのですが、思い切り下町の民家街。間違えたのかなと心配になりつつ、確かに立派な建物が!この日は連休だった事もありすごい人のようで、警備員が数人立っており「お近くの有料駐車場をご利用ください」とのこと。

民家街に観光客が車でたくさん来ているものだから道も思うように進めず、やっと到着した近くの駐車場には列ができており、別の駐車場へ。やっと停めることができて、徒歩で向かいました。

オリジナルのカップヌードルをつくる

正直この時点でぐったりだったのですが、記念館に入ってみると面白そうで私も子供もワクワク!さっそく「オリジナルカップヌードル」を作りにいったのですが、こちらもまたすごい列!どうやら通常の部屋だけではなく2階の部屋も使っている模様です。

IMG_6478.PNG

すごい人でした。もちろん頑張って並びます。
並んでいる間に看板を見て、子供達とどれを選ぶか作戦会議!

IMG_6490.JPG

スープの味も選べて、具もたくさんから選べるんですね。
この組み合わせでオリジナルのカップヌードルを作る!というものです。

IMG_6493-0.JPG

まずは、カップヌードルのカップを受け取ります。
よく見ると、通常のカップヌードルより若干大きい気がします。

そして、このカップにオリジナルのペイントを施す!
ここは大人の腕の見せ所!

IMG_6487.JPG

こちら私の作品。
黒のポチポチが気持ち悪いと、子供達には大不評!
子供達も自分の好きなペイントをするのは楽しかった模様です。

そしていよいよカップヌードル作りの工程に入ります。
まずはカップに麺を入れる行程。

IMG_6491.JPG

こちらはカップに麺を入れるのではなく、麺にカップを被せて引っくり返すという「逆転の発想」だそうですよ。

そして次の行程、いよいよ具を選びます。好きな具を4つ選べるので、好きな組み合わせを選んで注文します。

IMG_6486.JPG

カップヌードルの定番具材であるエビ。
これを例えばカレーヌードルに入れるだけでも通常には無い味になりますね。
ここが一番の楽しみです。

そして、ここからは包装の行程です。

IMG_6485.JPG IMG_6484.JPG

これで、お店で売っているカップヌードルのようにラッピングされました!これには子供も感心していました。

IMG_6495.JPG

特製の袋に入れて空気を入れて、完成です。
いや〜面白かった!

IMG_6482.JPG

「発明」の記念館であるのがポイント

せっかくなので、いろいろ展示されているものを見学しました。
巨大なカップヌードルオブジェ。

IMG_6479.JPG

このように、麺はカップの底まで設置していないようです。
勉強になりますね。

そしてインスタントラーメンの歴史を年表のようにまとめた壁が、圧巻!

IMG_6494.JPG
IMG_6477.PNG

現行の商品から、大昔のカップラーメンまで展示されています。カップヌードルやどん兵衛、UFO、ラ王といった有名定番商品を歴代で並べていたり、また珍しい商品なんかもあり、懐かしいものもあって面白いです。

こうしていろんな歴史的な流れがわかる展示物がたくさん。
勉強になります。

IMG_6492.JPG IMG_6480.JPG

家に帰ってオリジナルヌードルを食べてみました

というわけで、帰って早速食べてみました。
まず私は、通常のカップヌードルの味。
具はチーズとキムチと特選具材(豚肉)とカニかま!濃厚になるようにということだけで選びました通常ではあり得ない組み合わせです。

IMG_6532.JPG

味は・・・
ん〜普通のカップヌードルの方が美味しい(笑)
やっぱりちょっと濃厚すぎる味だったかもしれません。

ちなみにこちら。
息子の作ったカップヌードルですが・・・

IMG_6533.JPG

何と、4つ選べる具を全て「コーン」にした作品!
なのでコーンは通常の4倍入っています。
コーンが一番好きだからということですが、極端ですね・・・・

インスタントラーメン発明記念館について

本当は「チキンラーメンを作る」という体験コーナーもあるのですが、ここは予約・先着制となっているため今回は予約できず。

カップヌードル体験は当日参加OKなので、行列ができていましたが待てば参加できます。

残念な点としてはやはり場所!
池田市のさらに住宅街の中で、道路も狭いという立地。多い日は駐車場に停めるのも一苦労です。

そしてもう一つ気になったのは営業時間です。閉館がなんと、夕方の4時!!

これ、あり得ない早さですよね。理由は不明ですが、立地と関係があるかもしれません。普通は夜7時頃まで開いていそうですが、そうすると民家街なので近所の人からクレームが来たとか…?(想像です)

というわけで、交通の便を良くして営業時間を普通に戻せばもっと喜ばれるのに!と切に願います。

インスタントラーメン発明記念館
〒563-0041 大阪府池田市満寿美町8−25
072-751-0825

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)