ネット初心者が画像管理に「Googleフォト」を使う場合の初期設定項目まとめ

いよいよスタートしたGoogleフォト。概要については以前、記事に書いた通りです。

神サービス「Googleフォト」の登場で、家族写真の管理は便利になるのか?(Flickrからの乗り換え)

ネットにもいろんなレビューや感想が載っていますが、百聞は一見に如かずということで早速使ってみました。

Googleフォトの導入手順はとても簡単

まずは アプリをダウンロードします。
私はiPhoneなのでiPhone画面で説明します。AppStoreで「Googleフォト」で検索するとすぐに出てきました。


もちろん無料です。
というわけで早速ダウンロードし、アプリを起動します。

この後、Googleアカウントへのログインが求められますので画面に従って操作します。ちなみにGoogleのアカウントがない人は新たに登録する必要があります。

アプリのアクセス認証。ここはもちろん許可して下さい。

というわけでアプリのインストールからログインまでは簡単にできました。早速利用開始!といきたいところですが、その前にアプリの「設定」をチェック。

いろいろ項目はありますが、とりあえず「バックアップ」のところに注意。Googleフォトの機能として、画像を自動でバックアップとして保存するという機能があります。要するにバックアップとしてGoogleフォトとiPhoneを同じ状態に同期させるために、画像をGoogleフォトに自動で上げるということですね。

それでもいい人はオンで良いですが、私はいらない画像までアップロードされてもなーと思い、手動にしたかったので「バックアップと同期」はオフにしました(この画像ではオンになっていますが、オフに)。

また、その下。

「モバイルデータ通信を使用してバックアップ」の項目。これは、自動バックアップを選択している場合、Wi-Fi環境でのみ自動でアップロードするか?Wi-Fiじゃなくてもモバイル通信(電話回線)でもアップロードするか?という選択です。

モバイル通信でもするとなると、月の7G制限に引っかかってしまう可能性がありますし、あまりオススメしません。

この設定が出来たら早速、いろいろいじってみましょう。 「フォト」という項目で写真一覧が確認できます。

画像の右下にある雲の絵に斜線が入ったもの。これが「アップロードできていない画像」です。絵が入っていないものは、既にアップロードされているものです。

ちなみに画像は、撮影日時で並んでいるので管理しやすいです。雲の絵が入ったものをアップロード操作するとこんな画面が。

やはりWi-Fi環境下でアップロードするのをオススメします。こうして自動でも手動でも、写真をアップロードしていくことでGoogleフォトに保存されます。

例えばスマホを機種変したとしても、新たなスマホでアプリをインストールしログインすれば全く問題ありません。

また、パソコンのWEBブラウザからGoogleフォトにアクセスすれば、これらの画像が閲覧できます。

このようにあくまでGoogleアカウントにより管理されており、どこからでもアクセスできるという意味では、「Gmailの画像管理版」と考えるのがわかりやすいでしょう。

あと一つ!

重要な設定をしておきましょう。

パソコンのWEBブラウザからGoogleフォトにアクセスし、設定画面を開いてください。「アップロードサイズ」を選択できます。

s

ある程度以上の画質は保ってもらえるので基本的には「高画質」を選択すれば問題はありませんが、保存容量を「元のサイズ」を選ぶこともできます。

この場合、Googleドライブなどの保存領域を使うことになりますので、容量制限が近づくと有料でスペースを購入する必要があります。

とはいえ、「仕事で高画質の画像を使う必要がある」といった用途以外には、Googleの無料範囲内で全く問題ないはずです。

というわけで、一通りの設定ができました。あとは今までのように写真を撮りながら、Googleフォトで管理していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)