神サービス「Googleフォト」の登場で、家族写真の管理は便利になるのか?(Flickrからの乗り換え)

ついに発表されましたね〜
グーグルによる画像ストレージサービス「Google Photos」です!

画像保管サービスというのは各社リリースしておりますが、いよいよ本命が登場といったところでしょうか。あまりにもサービス内容が素晴らしすぎます。

当ブログでは画像管理・保存ストレージサービスに関して、いくつか記事を書いています。家族の写真が最近は増えてきているのでいろいろ試行錯誤しているのですが…

Flickrで子供の写真管理と家族間の共有を実現!新規アカウント登録と写真非公開プライバシー設定まで!

夫婦での子供の写真管理に最適なアプリ「famm」家族間共有に特化した仕様です

私はMacBookAirを使っているのですが音楽でいっぱいで、写真を保管するスペースがありません。ということでMacのiPhotoで管理しつつ保存領域は外付けHDDに指定しています。ただ、例えばMacだったりiPadで以前の写真が見えたりすると便利だなあということで、Flickrを試してみたり家族専用のFammというのを導入してみたりしていました。

そんな中、神サービスであるGoogleフォトが登場ですよ!
ということで簡単にですがまとめます。

Googleフォトとは?

概要についてはこの通り。
引用します。

2015年5月28日、Googleは、1,600万画素までの写真や1,080pまでの動画を容量無制限で保存できるストレージサービス「Google フォト」をリリースしました。なお、リリースにあたり、iPhone/Android版アプリに加え、Web版も公開されています。
(中略)
一定の条件はあるものの、やはり容量が無制限という点は、他のストレージサービスと比較しても大きな長所になりそうです。ちなみにiPhone6で撮影する背面カメラの画素数は800万画素、GALAXY Note Edgeは1600万画素、Xperia Z3は2070万画素となっているため、iPhoneユーザーであれば容量を気にすることなく利用できそうですね。

同じGoogleアカウントを利用すれば、デバイスを問わず「Google フォト」を共有することができます。プライベートやビジネスなどシーンを問わず、スマートフォンで写真や動画を良く撮影する人は、「Google フォト」をチェックされてみてはいかがでしょうか?
引用元/容量無制限のストレージサービス「Googleフォト」リリース

Google系の画像サービスは今まで使ってこなかったので、PicasaとかGoogle+というのもほとんどよくわかってません。というより使いにくそうな印象しかなかったのでスルーしていたというのが正しい表現でしょう。

この度、Google+からも独立したサービスとなったようで、PC、iOS、Androidでシームレスに連携というよりオンラインサービスなのでどこからアクセスしても最新の状態にアクセスできます。まさにGmailのような神サービスではないでしょうか。

all-three-v4_480x287

さらに1600万画素までであれば容量無制限ときました。
私はほとんどがiPhoneで撮影した画像ですので、全く問題ありません。たまにデジカメの写真も入れるのですがこちらも、オリジナルサイズで保存(オーバー分はGmail等の容量を使う)か圧縮のいずれかを選択できるとのこと。バックアップとしては十分ですよね。

008_m

これが無料ですよ。
AppleのiCloudなどのサービスもありますが、これだけのサービスで無料で提供されたら他社もどうしようもないですよね。というわけで、時間がある時に画像をアップロードしようと考えています。

313

なぜ無料で提供されるのか?

いろいろニュースやレビューを読んでみましたが、やはり「無料」というところが一番の衝撃ですよね。他にも無料サービスはありますが、ある一定の容量を超えると有料になりますし、または画質を落とされます。

Googleフォトにも1600万画素という制限はありますが、これは私が使う分には十分です。

特に検索・検出機能というのが凄いみたいで、例えば顔認識も子供の頃の写真から判別されるとのこと。何それどういう仕組み?という好奇心すら湧いてきます。iPhotoにも同様の機能がありますが、こちらは例えば「犬」とか「寺」といった人間以外にも適用できるとのこと。さらに凄そうです。

Google的には、このGoogleフォトは今後に対する投資という意味合いが高いのでしょう。この高度な検索・検出技術を使うことで、その検出頻度に応じた広告の出し分けということも可能でしょう。

Gmailもそうですが、Googleはさらに画像という「個人情報」を管理しようとしています。今やGmailを使っていない人の方が珍しいですが、Googleフォトもいずれそのようになるのかもしれません。

とは言え触ってみないことには何もわからないので、早速導入してみたいと思います。現時点で既にFlickrを超える能力と可能性を持っているようですので、乗り換えようかなーというところです。

私のメインである「家族写真」という観点でまたレポートしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)