誕生日にFacebookで行われる「お約束」が苦手な方へ、自分の生年月日の通知をオフにする方法

突然ですが、Facebookに「誕生日」機能というものがあります。

iPhoneのFacebookアプリにメッセージアイコンが表示され、アプリを開いてみると「今日は◯◯さんの誕生日です」と友達の名前が通知されるのをよく見ますよね。そしてその友達のページにアクセスすると…。いろんな人からおめでとうコメントが。そしてそれらに一つずつに本人が「ありがとう」としているという光景。

これはFacebookでおなじみの「お約束」だったりします。

Facebookで自分の誕生日を友人に通知しない設定方法

人の誕生日の通知が来るのはいいけど、自身の誕生日が友人に通知されるのをを防ぎたい!という人のために、設定方法から説明します。
パソコンからFacebookを開き、自身のタイムラインを表示します。

h1

左上にある「プロフィールを編集」をクリックすると、編集画面に遷移します。

h2

基本データの一番上に「誕生日」という欄があり、登録している誕生日が表示されています。その右側あたりの空白部分にカーソルを持っていくと「編集」という文字が出るので、それをクリック。

h3

すると生年月日が編集できるようになり、右側のボタンを押すとこのように公開範囲の設定ができるようになります。

ここで「自分のみ」に変更をすると、公開されなくなります。西暦と月日の2カ所どちらも設定を忘れずに。変更できたら保存しましょう。

Facebookに誕生日を「祝わされている」違和感

私も、最初にFacebookに登録した際に、誕生日になると何人かの友人から「おめでとう」というコメントが来たので、そりゃまあ嬉しかったです。言われて嫌な気はしないので。

ただ、普通は誕生日を知っているなんて余程の古い付き合いの親友くらいですし、仕事の付き合いの人の誕生日なんて知る由も無い。となるとFacebookから通知が来ることによって知るわけで、「Facebookに祝わされてる」とすら思えます。

逆に私は、友人の誕生日にコメントを残すということを一切しないと決めているのですが、やる人とやらない人の基準も決められないからです。

決まったメッセージを決まった日に送るということ程、無意味なものはありません。しかもシステムで管理され情報が発信されているからこそ、何かむず痒いような気持ち悪いような…。

まあどう見ても考えすぎかもしれませんが(笑)少しはこの気持ちをわかってくれる人も居ると思います。この記事はそんな少数の方に捧げたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)