あなたのブログやSNS、万が一我が子に読まれても恥ずかしくないですか?子供が親をエゴサーチする時代に備えて。

この記事を読んでくれている人の中で、ブログを書いている人はどれだけ居るかかわかりませんが、SNSであれば何かしら一つはやっていると思います。

あなたはブログやSNSをやるにあたり、自分なりのルールというか考えを持っていますか?

もちろん「世界中に発信されている」ということは常に意識しないといけませんが、とは言えあまり実感はわかないでしょう。
それをもっとシンプルに、端的に言い表したものを見つけました。ブログの運営ポリシーについて聞かれて、

「万が一、大きくなった子供が読んでも恥ずかしくない運営です」<某有名人談

この言葉にはシビレたし、同意するし、大きく頷いたもんだ。

考えてみたらそうなんですよね、子供に見られて困るようなら運営の仕方自体に問題があるだろうしね。

それは匿名で運営していても実名で運営していても一緒だよね。

 引用元/子供が親をエゴサーチする時代だ「お父さんキモ!」はマズイぞ

どうですかこの説得力!
これは同意せざるを得ないですね。

Facebookが実名制であるデメリット

まず大前提として、名を明かさずに匿名で運営しているか?実名を公表しているのか?ここで大きく分かれます。

名というのは氏名はもちろんですが、例えば顔写真であったり勤務している会社であったり…。要は(ある程度でも)個人が特定できる情報も含みます。

SNSでもFacebookは基本的には実名制ですよね。TwitterやLINEは匿名の人が多いでしょう。ブログも匿名での人が多いんじゃないかなーと思います。私も基本的にはそうで、Facebook以外は匿名です。

Facebookについては、氏名はもちろん生年月日や出身地や卒業した学校や就業先企業名まで後悔している人の多いこと!自身の顔写真だけじゃなく子供の写真から日々の行動記録まで、筒抜けです。

結構みんな公開範囲を「全員」にしているようで、たまに繋がりを辿ってまったく知らない人のページを開いても、その人のパーソナルデータが見える状態。

冒頭の引用記事にあるように、そろそろ子供が親の名前でエゴサーチする時が来るでしょう。そんな時に恥ずかしくない内容でありたいものですね…。

匿名でも実名でも、気をつけることは同じ

Facebookはあくまで実名が前提ですので、(一部のバカな人を除けば)公開されているのを意識した運用をしているはずです。

むしろ匿名で運営する傾向の強い、TwitterなどのSNSやブログの方が、自身の本性が出やすいのかもしれません。そう考えると、匿名で運営しているブログがふとした拍子に子供に見つかった時に、どうなのか?

例えば下ネタだらけのブログを子供に見つかった日には…。顔から火が出るくらい小っ恥ずかしいものです。だってFacebookのように実名前提じゃなく書いたものですから、どこかで「本来の自分とは違う一面」が出ているものです。

ちなみに私は、Facebookも氏名以外はほとんど入れておらず公開範囲も絞っており、そもそも放置しちゃっているような状態。なのでエゴサーチされても問題ありません。とは言えもし何らかの拍子に見られたとしても、ロクな内容が無いのでいいのですが。

ちなみにこのブログについては誰にも教えてはいませんが、運営開始時から「いつか妻には見せる時がくるのかな」という意識で書いています。というわけで見られて恥ずかしいトコロはありません。別に必要がなければ見せないのですが、例えば半身不随になったりという不測の事態がくるかもしれないのでと思っています(考えすぎですけど…)。

間違いなく言えることは、匿名で書いているからバレないということはインターネットにおいてはあり得ません。よくバカッター騒動で本名や写真まで割り出されていますが、Twitterアカウント単独には意味がなくても、それをFacebookやmixiといったさまざまなものと照らし合わせることで、その人の行動範囲が炙り出されてくるのです。

というわけで今日の格言。

万が一、子供に読まれても恥ずかしくない運営を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)