テントを購入したら必ず、キャンプ当日までに一度広げてみること!なぜかと言うと…

恒例のキャンプ記事です!
先日キャンプ用品を一通り揃えたというのをこちらの記事にまとめております。

アウトドア初心者の私が、初のキャンプに備えてゼロから買い揃えたキャンプ用品9万円分を公開!


そこで店員さんに、テントについて言われたこと。
「キャンプに行く前に一回、河原などの広いところで、実際に一度テントを組み立ててみた方がいいですよ」

いろいろ調べていて、失敗談としてよくでてくるのが「テントを張るのに時間がかかってしまった」というもの。到着してテントを張りはじめて、他の家族は夕飯を食べているのにまだ出来なくて焦る、みたいなのって実際にあるみたいです。

考えただけで恐ろしいですね。

ですので特に我々のような初心者は、とにかくそうならないように考えて行かなくてはなりません。というわけで、リビングで一回広げてみようということで試してみました。

箱から出したらこんな感じ。

このサイズに収納できるというのは非常に魅力的ですよね。というわけで開けて中のものを出してみます。

はい、こんな感じ。最後にぐるぐる巻いて入れるのはわかります。

さらに広げたらこんな風に。片付け方がわからなくなってはいけないので、このようにきちんと写真に残すことにしました。
というわけで、次はいよいよ設営してみます。とは言ってもリビングなので前室までは広さが足りずできません。とりあえず最小限のところまで。
説明書もありますが、YouTubeで「アメニティドーム」で検索すると設営方法の動画がいくつかありました。これを見ながらやるのがわかりやすかったです。

ただし、一人ではまず不可能ですので二人でやりましょう。私は妻と設営してみました。

まずは×型にポールを入れます。

さらに入り口のところ用のを一本入れ、二人で立ち上げながら四箇所のピンをポールに入れると…

こんな感じ。

とりあえず形にはなりました。

が、ご覧の通りリビングはこれでいっぱいに。この時点で3m四方くらいのスペースが必要ですので、やっぱり外ですべきですね…(当たり前ですが)。
リビングではこれ以上のこと(前室を付けたり)まではできなかったので、本日はこれで終了。まあ後は当日で大丈夫でしょう。これ、本番までに一度やっておくかどうかで大きく違いますね。

テントを一度広げるというのが、テントはメーカーによって構造が全く異なるため、ベテランの方でも初回は手間取る可能性が高いそうです。あと、万が一メーカー不良で部品が足りなかったり、破れていたりの破損があったらどうにもなりません
返品交換してもらうにしろ、その当日はどうするのか?ということ。なので事前に広げておくのが重要なんだそうです。そりゃそうですよね…。
さすがに子供達も、テントを広げると大喜びでした。当日が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)