LUNA SEA主催ロックフェスのメンツが、25年前のフールズメイトみたいでもの凄い件

何だか立て続けに音楽関係の記事を書いているような気がしますが、気になる事を記事にしていっているので最近音楽で気になる事が多いというだけのことです。

先日いろいろニュースを眺めていて、LUNA SEAの開催するロックフェスが話題になっていました。XとBUCK-TICKが決定した!とのこと。ルナシーがフェスを開催することすら知らなかったのですが、これがなかなか興味深いものだったので書いてみたいと思います。

ちなみにこれから紹介するバンドは私が中学の頃(92〜94年頃)にものすごく聴いていましたが、2000年頃以降はまったく違うジャンルを聴いていたので正直このあたりについてはかなりブランクがあります。ですのでルナシーがフェスを行う事自体も全く知らなかったのですが、こんなにブランクのある私でも行ってみたくなるような、ものすごい内容です(遠いので行けないですが・・・)

ロックバンド・LUNA SEAが18日、自身初の主宰ロックフェス『LUNATIC FEST.』(千葉・幕張メッセ 1~4ホール)の最終出演アーティストとして、X JAPANとBUCK-TICKを発表した。“最強で最狂”のロックフェスと謳ったとおり、主宰者のLUNA SEAをはじめ、X JAPAN、BUCK-TICK、GLAYと、単独で東京ドーム公演を成功させた名実ともにトップクラスの4大バンドが一堂に会する豪華ラインナップとなった。
引用元/LUNA SEAフェスにX JAPAN、BUCK-TICK出演 “最狂”4大バンド集結

ルナシーがフェスを2日間開催する事になっており、出演アーティストを小出しにしていっており、最終の発表が先日合ったようです。そこでそれぞれの日の目玉として、Xとバクチクが発表された、ということだそうです。エックスとバクチクの2大メインという、25年前のフールズメイトあたりを見ているような錯覚さえ覚えるような出来事ではあります。

CFOsp4AUMAES9Yc

そして・・・出そろったフェスの出演アーティストを見てビックリ。

■『LUNATIC FEST.』出演アーティスト(50音順)
▽6月27日(土)・28日(日)
LUNA SEA

▽6月27日(土)
X JAPAN
9mm Parabellum Bullet
coldrain
SIAM SHADE
DIR EN GREY
DEAD END
the telephones
TOKYO YANKEES
Fear, and Loathing in Las Vegas
LADIES ROOM

▽6月28日(日)
AION
[Alexandros]
KA.F.KA
GLAY
D’ERLANGER
BUCK-TICK
minus(-)
MUCC
凛として時雨
ROTTENGRAFFTY

すみません、正直半分は知らないアーティストなのですが、残り半分の知ってるアーティストがすごいです。ルナシーからいうと先輩格にあたる人たちであり、私が中学の頃に好きだった人たちがずらり。
初日はエクスタシーサミットだし、二日目は今井とIZUMIと瀧川一郎とフジマキが同じ現場に居るの?という、まさに中学時代の私に教えてあげたい内容です。

と言ってもなかなか伝わりづらい部分もあるかもしれないのでざっと紹介したいと思います。
順不同です。

DEAD END

これはエックスよりも先輩格にあたるバンドであり、ルナシーだけじゃなくエックスもラルクも黒夢も影響を受けたバンドです。1stアルバムの「DEADLINE」は名盤!

DEAD END「WORST SONG」


本当は「REPLICA」を貼りたかったのですが動画が見当たらないので、こちらの曲を。

LADIES ROOM

ルナシーから見ると「エクスタシーレコードの先輩」となり、エックスの直系ですがメタルではなくアメリカンロックを下地としており、KISSの影響が大きいです。SONYからメジャーデビューしており、武道館も何度かワンマンライブをしています。
LADIES ROOM「’CLOCK STRIKES TEN」


有名なのは「SWAPPING PARTY」「GLAMOUR GIRL」等の初期のハレンチ系パーティーロックの曲だと思いますが、実際は中期のこのあたりの曲がクオリティも高くていい曲揃いです。voの百太郎の声もいいしみんなハンサムだし、もっと売れてもよかったのにという印象。

東京ヤンキース

こちらもエクスタシー系ですが、その中でもエックスの音楽面的な後継はヤンキースくらいでしょうか。バンド名通りのサウンドです。
東京ヤンキース with HIDE,PATA「Ace of Spades」


武道館でのエクスタシーサミットの映像で、XのHIDEとPATAと一緒にMOTORHEADの曲をカバーしてます。私が始めて見たヤンキースの映像がこれで、文句無しにカッコいいです。
voのUME氏は他界してしまいましたが今でも活動中とのことです。

AION

いや〜AIONをこんな広い会場で見えるなんて羨ましいというか…。ルナシーのJがローディーをしていたそうで、ルナシーとの交流が深いのは有名な話。エックスかAIONか?という暴力的サウンドで、何と現在も活動中だそうです。AIONと言えばギターのIZUMIの超早弾き(IZUMIピッキング)が有名です。
AION「THINK EVER AFTER」


名盤「HUMAN GRIEFMAN」の1曲目。このアルバムは全曲いいです。
ちなみにコアなファンにはおそらくメジャー(VICTOR)期はあまり評判がよくないようですが、私は好きです。AIONは別の機会に再度紹介したいと思っています。

D’ERLANGER

AIONと一緒にデランジェまで見えるとは!カリスマ的な人気を誇った伝説のバンドでしたが、今は復活して活動中だそうです。いわゆる「V系」と言われるのはエックスの影響が大きいのは周知の事実ですが、音楽的な面においてはむしろデランジェの影響が大きかったのではないでしょうか。ちなみに私、フェルナンデスのCIPHERモデルのギターが実家に眠ってます(笑)。
D’ERLANGER「LA VIE EN ROSE」


問答無用の名曲ですが、こちらの動画は復活してからのライブ映像です。いや〜久々に見ましたがドラムが相変わらずでいいですね。
ちなみにVoのKYOとDrのTETSUは、昔HIDEとサーベルタイガーというバンドをやっていました。

minus(-)

今回異色の人選。というか誰?とお思いでしょうが、何となんと!元SOFT BALLETの藤井麻輝と森岡賢によるユニットです。この二人が組むなんて誰も考えつかなかったはずです!昨年結成されアルバム1枚リリースしております。断続的にライブも行っている模様。
minus(-) ※ファーストライブのダイジェスト映像


結成したばかりであまり動画がなかったので、こちらのダイジェスト映像を。
SOFTBALLETを知るものからしたら歓喜ものです。というかこのメンツの中に出てくるのがまたすごいことです。

BUCK-TICK

未だ現役。恐れ入ります。
学生時代に何度かライヴにも行っており、「SEXY STREAM LINER」までは全作品聞いていました。ちなみに今井モデルのギター(サスティナー搭載の白いテレキャスタイプでロックアーム)を持っていました。
BUCK-TICK with SOFT BALLET「ICONOCLASM」


上記のminus(-)の映像があまりなかったので、せっかくなのでこちらの凄過ぎる組み合わせのレア映像を。こんなの見えたら一生後悔しません。

LUNA SEA

肝心のルナシー。解散してましたがいつのまにか復帰したみたいです。
私がはじめて買ったのが「EDEN」というアルバムで、ちょうどここからシングルカットされたこの曲を気に入ってのことでした。
LUNA SEA「IN MY DREAM」


いかにもJの曲って感じですが、これが1993年。
この頃も人気はありましたが、一般世間的な知名度はあまりなかったと記憶しています。実際に名が知れたのは翌年の「ROSIER」以降です。それ以降はあまりよく知りませんが、EDENまでの3枚は死ぬほど聞きましたしギターでコピーしまくりました。

というわけで、私の青春時代が詰まっている(笑)素晴らしいメンツが登場するようです。
ほんと中学時代の私に教えてあげたいくらいです。

今回こうしたバンドを特集してみましたが、この記事をきっかけに新しい音楽を聴き始める人が一人でも出て来てくれたら嬉しいです。

・・・とここまで書いて、エックスについて触れてないのに気がつきました。
まあみなさんご存知ですよね。Youtubeを紹介するまでもないはずですので割愛します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)