2017/06/240 Shares

自分のブログをスマホで見るべし!モバイル対応の重要性と落とし穴


4月に実施された、Googleの「モバイルフレンドリーアップデート」と呼ばれる大幅な検索アルゴリズム更新。ブログやサイト管理者の間ではこの話題で持ちきりでした。

私も記事にしています。
スマホ対応していないサイトはGoogle検索順位が下がる!もはや対策をしない理由がない状況に!

そして、Googleのアルゴリズム更新が行われて日が経ちましたがみなさん変化ありましたか?私はほとんど変化ありませんでした。
(もちろん感覚ではわからないレベルでは変動が合ったのでしょうが…)

Googleの検索アルゴリズムアップデートについて

今回のアップデートは、Google検索における検索結果の順位を決定するアルゴリズムに「スマホ対応しているか」という要素が加わるというもの。
ですので、スマホ対応していることによりGoogleからの評価が上がり、相対的にスマホ対応していないサイトは下がるというものでした。

ただしこの「スマホ対応」という条件の影響力などまでは開示されていないこともありわからないのと、Googleにしては珍しく事前予告(こういうアップデートをしますよ、というもの。通常は突然なのです)があったこともあり、事前対策としてスマホ対応を皆さんかなり急ピッチで進められたようです。
なのでスマホ対応していなかったサイトも軒並みスマホ対応したため、結果として検索順位に大きな変動が見られなかったとも考えられます。

自分だけ?と心配になり、いろいろ他のブログを見てみました。
しかし他の方もだいたい同じようなことを書かれており、前評判では「過去最大の荒れ模様になるのか!?」なんて声もあった割には、多少拍子抜けした感もありますね。

スマートフォン対応の重要性について

というわけで、結果的にGoogleの検索順位への影響はあまり無かったようですが、あらためてスマホ対応の重要さを考えてみたいと思います。

まずはこのブログについて。
当ブログはWordPressで運営しており、記事執筆時点ではSTINGER5というテーマを使っています。このテーマはレスポンシブ対応となっており、ブラウザの横幅に合わせて最適に表示がされています。今はレスポンシブテーマのブログが非常に多いですね。
PCでもスマホでも非常に見やすい形で表示ができ、また一つのテーマなのでメンテナンスや管理もラクというのがメリットです(ブログを表示したまま、ブラウザの横幅を伸ばしたり縮めたりしてみて下さい)。

ちなみにこのブログは、スマホとPCのアクセスは半々くらいです。
もっとスマホが多いのかなと思っていたのでちょっと意外だったりしていますが。

そして私はアフィリエイトブログを別でいくつか運営しているのですが、その中のあるブログのアクセス解析からスマホとPCの内訳を紹介します。OS別の内訳ですね。

こんな感じ。
スマホ(iOSとAndroid)で全体の3分の2弱といったところでしょうか。要するにアクセスの半分以上はスマートフォンからということになります(厳密に言うとタブレット端末もスマホにカウントされちゃってますが、そんなに多いとは思えないので気にしません)。

昔はPCだけ考えて作っていたブログが、いつからかスマホからアクセスすることができるようになり、「携帯向けのページじゃなくて、でパソコンと同じ画面がスマホの小さい画面で見えるんだ〜すごいな〜」なんて思っていたのが数年前です。
そしてスマホ人口が徐々に増えて来たので「スマホ向け」テンプレートを表示できるようになり、レスポンシブデザインというものが普及し、見る見るうちにPCのアクセス数を追い越してむしろ「スマホメイン」と言える状況になってきました。

これもここ数年ですよ。
早いですよね・・・

スマートフォンからのアクセスが多いのであればそれにも対応するのは当然のことです。というより自身のことを考えてみても、ちょっとした調べ物はスマホでしますよね。
特に私は、他人のブログを読んだりというのはほとんどスマホです。
仕事の合間とかちょっと空いた時間に出来ますから・・・

さすがにこれだけGoogleのアップデートが話題になっていたので、まだスマホ対応していないということは考えにくいですが、一度自分のブログをスマホで実際に表示してみて下さい。意外と見にくい所があったり、広告がきちんと表示されてなかったりという発見があるものです。
スマホユーザーをターゲットとするのであれば、実際に自分のスマホでの動きを参考にするのが一番確実でしょう。