ブログで稼ぐコツはターゲッティング!純真無垢なネットリテラシーの低い素人を集めるのが近道

imgres

「アフィリエイトで稼げる」
「ブログで収入を得る」
と口で言うのは簡単ですが、非常に奥の深い世界です。説明したらキリがないですが、うまくいってないという人はもしかしたら、致命的な間違いをしているかもしれないですよ。

ズバリ「ターゲッティング」です。
中高年の男性が運営する趣味ブログに化粧品の広告を掲載しても誰もクリックしませんし、主婦の節約術をメインコンテンツとしたブログに首都圏マンション投資の広告を載せても意味がない。

これは極端な例なのでわかりやすいですが、どういう属性のどんな層をターゲットにしているか?ここを間違えてしまうと、いくら訪問者数やページビューが増えてもアフィリエイト報酬は発生しないでしょう。

こんなことを、私がよく読んでいる二つのブログから考えさせられたので紹介します。


まず大前提として、ブログのターゲッティングではなく「広告のターゲッティング」ということ。ブログの読者は狙い通りの層であるが、そこに貼る広告が適切か?ということです。

あくまで成果報酬型アフィリエイト(=売上に直結したら報酬発生)の前提です。クリック報酬(Googleアドセンスなど)は、ページビュー(PV)に報酬がほぼ比例するのでまた別の話です。

さらに言うとGoogleアドセンスはまさに、ターゲッティングを追求した結果のものです。広告タグを貼っておけば、そのブログ・記事の内容から判断し適切な広告を表示するので、ブログのターゲットに最適な広告を表示する。理想的な形ですよね。

月間100万PVのブログでもアフィリエイトで稼げないという例

私がよく読むブログの一つ。
永江一石さん「More Access More Fun」。
タイトルにもあるように、ITマーケティング日記ということで毎日更新されています。先日気になる記事がありましたので引用します。

では実際にこのブログに成果報酬型アフィリエイトを貼って実際にどうなるか、この4月から試してみました。
4月から、A8、リンクシェア、バリューコマースの3社のアフィリエイトを貼ってみました。
昨日までのところ、合計108万9000インプレッション
1782クリック。ですが・・
成果ゼロ wwww
どこがアフィ狙いやねん!
アフィリエイトでお小遣い稼ぎたい方は、アフィリエイトサイト作りなさい。こんなブログはダメです。

「アフィリ報酬狙い」と言われたので公開してくれたデータのようです。確かにブログ内には、アドセンス以外にもAmazonアソシエイトの広告が貼ってあります。また、たまに文章の流れでA8.net等のアフィリ広告を貼っています。

が、これだけ人気でアクセスのあるブログでさえ、成果ゼロとは・・・
ご本人も分析されていますが、このブログのターゲットがネットリテラシーの高い人が中心なのが原因であろう、とのことです。確かに広告があっても「あ、これはアフィリ広告だな」とわかる人ばかりだから、クリックしてくれないのだろうとのこと。

アフィリ広告をクリックすることで、アフィリエイターには報酬が行きますがクリックした側は特も損もしないということはよくわかっているのですが、確かに「あまり人のアフィバナーはクリックしたくない」というのは気持ちはわかりますね…。

素人・初心者を相手にするとバンバンクリックしてくれる例

こちらは有名なイケダハヤトさんのブログ。
永江さんも前述のエントリーで実名を挙げておりましたが、私も時々このブログを読んでいて、最近「アフィリエイトが楽しい」「はじめるべき」という発信が増えてきていることが気になっていました。稼げるというのを妙にアピールされています。

論より証拠、アフィリエイトでだいぶ稼ぐことができているので、儲かった週のデータを公開してみます。

2/23:81,600円
2/24:77,477円
2/25:38,276円
2/26:90,196円
2/27:100,456円
2/28:45258円
3/1:33,612円
合計:466,875円
もっとも上のデータは「未確定収益」を含むなので、すべてが承認されるわけではありません。半分くらい通ればすばらしいかなぁ、という感じです。

一週間で収益45万円!アフィリエイトが超楽しい件について

イケダさんのブログも月間100万PVレベルの有名ブログですが、前述の永江さんのブログに比べると取扱ジャンルは多岐にわたります。いわゆるごちゃまぜブログというのでしょうか。

けど、イケダさんはアフィリエイトでこれだけ稼げている。
理由はターゲットですね。ここが本題です。

永江さんのブログと対照的に、インターネット初心者、WEBオンチ、リテラシー低めの読者が多いと思われます。

例えば何かを調べる時に比較サイトに入って、「いろんな観点で比較してくれててしかもリンクまで貼ってくれているから便利なサイトだ」と素直に額面通り受け取るような人。そのリンクきっかけで成約するとアフィリエイターにお金が行く事を知らない人。だから比較サイトと言えどもアフィリエイト広告を出していないものは取り扱っておらず、報酬が高いものを優先して表示しているということを知らない人。

みんながそうとは限らないですが、案外知らない人も多いようです。そう言う人が読者であれば確かに、それをきっかけに報酬に繋げることも簡単でしょう。
(だから、比較サイトというのは稼ぎやすいんですよね)

アフィリエイトで稼ぐには・・・?

最後に。
ではどうやって稼げるのか?
永江さんのブログにあったこの文章が一番わかりやすいです。

つまり、無垢で純真な皆さまを集めるということがアフィリエイト成功のひとつの道ではあります。「研究」「比較」「体験」などをユーザーの代わりにやってあげる。アクセス数は多いに越したことはないが、それより「買いたい」「申し込みたい」という欲求が満々の方々を集める方が先決。つまりはECと同じなのです。

やっぱり。
比較サイトであったり、ECサイトと同じというのはまさに!ですね。購買意欲の強い、情報を求めている「純真無垢なネット素人」が一番のターゲットですよ。
となると、例えばWordPressの専門知識を発信するブログだとあまり稼げないですね。ターゲット選定はやはり重要なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)