35歳サラリーマンがはじめる「1日1食ダイエット」どれだけ効果があるのか?

突然ですが、1日1食という生活サイクルに変えています。
今がちょうど5日目。

理由は、ポッコリ出たお腹。
中年太りなんていう言葉がありますが、ちょっとこれはいかんなーと前から思っておりいろいろ考えていたのですが、そんな中ふとした時にネットで「1日1食」というものに目が留まり、試しにはじめてみたところです。

1日1食をはじめたきっかけ

もともと「お腹」が気になっていたのですが、ちょうど子供が春休みで妻と共に親戚に泊りがけで行っており、夕飯も外食にしなければならないタイミング。仕事が立て込んでランチも食べられず、やっと落ち着いて夕方16時頃にご飯が食べられたということがありました。

で、その日仕事が終わり、食べて帰ろうかなと思いつつそんなにお腹が空いていないことに気づいて、野菜ジュースだけ買って帰宅。ネットで「1日1食」で調べてみるといろんな記事が出てきて、自分にも出来るかもと思いはじめてみました。

運動不足なので、以前、ランニングをはじめようとして何度か実践したのですが、やっぱり長続きしません(1日1.5kmとかですが・・・私にとっては大変な距離です)。それっきり運動もせず、食べ物も毎日ランチは外食して好きな物を食べていました。20代の頃は55kg程度だった体重も今は68kg。そして体脂肪が30%に近づいています。

運動すればいいのですがなかなか厳しいので、せめて「食」には気をつけようと思います。

yotsuba

ストレスをためずに、お腹が空いたら食事をするスタンスで

1日1食というのは最近特に言われているそうで、ダイエットというよりも健康維持という面が強いようです。人間は本来、朝昼夜の3食を食べるのが健康にいいと言われていました。しかし実際は、3食も食べるとその時点で摂取カロリーは必要な量をはるかに超えているそう。

江戸時代は2食だったそうですよ。
1日3食も食べている動物はいません。人間だけです。

私は平日は、朝は食べません。
コーヒーを飲むだけ。
これはダイエットとかではなく、朝はギリギリまで寝ていたいから食べる時間がないというだけのことで、仕事が休みの日は子供達と一緒に朝食を食べています。
昼ご飯はだいたい昼過ぎに、営業なので外食。
夕飯は仕事から帰って、自宅で。

これを、ちょうど家族が不在にしているので夕方に一食だけにしました。仕事が外回りで時間の融通が利くので、昼間その分働いて夕方休憩するような形で実践中です。

いろんなところに書いてあったコツをまとめます。

・1食が厳しかったらまずは2食からはじめてみる
・あくまで「お腹がすいたら食べる」というスタンスで。無理はしない
・ストレスをためないようにする

例えば職場の飲み会や友人とのランチ会があって、「1日1食を実践中だから参加したいけど我慢する」みたいな変なストレスをためるのは、カラダにもよくありません。出来る範囲で食事やカロリーに気を使うのはいいことですが、あまり我慢しすぎないようにしましょう。

人間は、昼や夜という「時間」により食事をするという習性が昔からあり、お腹が空いている、空いていないは関係なく決まった時間にご飯を食べます。確かにこんなの人間だけですよね。生まれて何十年も続けて来たこの習慣を「お腹が空いたら食べる」という形に変えていくのです。そうすればだいたい1日1食というペースになる、という考え方だそうですよ。

なので逆に言うと、お腹が空いてしまったら無理をせずに食べるという形でいいのです。
無理にストレスをためずに、食事の回数を減らす=量を減らすことで消費カロリーを押さえていきましょう。

もちろんこれで劇的に体重が落ちるということはないはずですが、健康維持という観点でもいいようですので、また定期的にレポートしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)