アフィリエイターがGoogleウェブマスターツールに登録する際に必ず理解すべきこと

みなさん無意識のうちに、Googleのサービスをいろいろ使っていることでしょう。

検索エンジンはまあ当然として、GmailやGoogleDrive関連、Blogger、Google+あたりでしょうか。そしてブログを運営しているとGoogleAnalytics、ウェブマスターツールは必須です。

そんな中、特にブログ運営者としてはAnalyticsやウェブマスターツールの存在。無料とは思えない便利さで、私も全てのブログ・サイトに導入しています。

ではこれらのサービスの利用で、ユーザーがGoogleにもたらすものとは…?

Analytics、ウェブマスターツールとは?

一応、簡単に説明しておきます。もしブログを運営しているけど導入していないという人が居たら、使うべきですよ。

GoogleAnalytics
アクセス解析ツール。
ブログへのアクセス数と、その内訳として細かい分析ができます。
一人当たりの滞在時間や閲覧ページ数、使用ブラウザ、使用OS、どこのページから飛んで来たか?どんな検索ワードで調べてきたか?などなど。
私が主に意識してチェックしているのは上記項目ですが、機能のほんの一部でしかありません。

Googleウェブマスターツール
Analyticsほどはメジャーじゃないかもしれませんが、名前の通りで管理者向けのツールとなっています。
サイトマップ(自サイト・ブログのページ構成のデータ)送信しページを登録することを「インデックスさせる」と言いますが、これを定期的に自動で行うことができます。
またインデックス数のかくにんやインデックスの削除、リダイレクト(転送)といった、管理者として便利な機能を有しています。これも私が使っている機能を羅列しただけで、他にも機能満載です。

いずれも完全無料にもかかわらず有料ツールを凌ぐクオリティ。私は新しいブログを立ち上げるたびにGoogleAnalyticsを登録。そしてウェブマスターツールを登録するときの認証方法として「Analytics」を利用しています(これが一番手っ取り早い)。

Google-Webmaster-tool

Googleがウェブマスターツールに登録させる意味

今やウェブ検索においては、Googleの検索エンジンがほぼ独占している状態。Yahooについても検索エンジンについてはGoogleのを使っているということはよく知られているはずです。

要するにGoogleの検索エンジン対策をしておけばいいということであり、そんなGoogleが公式にリリースしているツールを使ってページをインデックスさせるというのは、実施するのが当たり前ということになります。

こうしてウェブマスターツールに登録を行うわけです。もちろん1人のユーザーが複数のブログ・サイトを運営することはよくありますから、登録できるサイト数に制限はありません。便利ですね。

で、ここからが本題。
アフィリエイターの人の思考からごっそり抜け落ちがちな部分。

ここで自身の管理するブログを全てウェブマスターツール登録することで、Googleに何を提供してあることになるのか?

これらのブログは、全て私が管理している」ということを伝えているわけですよね。これかわ何を意味するのか…?

例えばサテライトブログだったり、またたくさんのブログをリンクを貼りあって運営している場合。これが「自作自演リンクです」というのをGoogleに宣言しているようなものなのです。

もちろん自身のブログ同士でリンクを貼る行為=スパムというわけではなく、必要があって貼るのは全く問題ありません。ただ、極端なサテライトサイト戦略だったりすると逆効果であり、自作自演として評価が下がってしまいます。

というわけで、もちろん健全に運営している場合は何の問題もありません。ただ、ウェブマスターツールに登録すること=管理者をGoogleに伝えていることである、というのは認識しておいたほうがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)