どのニュースも報じない最大の特長はこれ!iPhone版「Googleカレンダー」登場について

待ってました!
iOS版の「Googleカレンダー」アプリがやっとリリースされました。早速ダウンロードしてみましたが、見た目的にも操作性もバツグンです。

しかし、このアプリで私が一番嬉しかった機能、というか特長についてどこの記事にも触れられていない!ということで記事を書いているところです。

とにかく、今までいろいろなアプリを使っていたのですが、しばらくはこれで落ちつきそうです。

サラリーマンのスケジュール管理

以前はもちろんスケジュール帳を使っていましたが、数年前から手書き管理は辞めました。スケジュールについては会社のパソコンでGoogleカレンダーを使うことにし、iPhone純正のカレンダーアプリと同期させて管理。

しかし、カレンダーアプリが見にくいというか味気ないので、「さいすけ」「Reffills」といった有料アプリも試してみたり…そして結局純正アプリに戻ったところで、Googleカレンダー公式アプリの登場です。

そもそもですが、スケジュール帳の管理は正直非効率です。手帳よりもスマホの方が確実にいつも手元に持っているのですから、アプリでの管理が一番効率的ですね。ただしこれは、スケジュール帳を使うのをやめて初めてわかったことです。

「スマホが壊れたらどうするの?」と聞かれたことがありますが、ネットに繋がれば見えるので同僚にスマホを借りれば済む話。の便利さは試してみたらわかりますよ!

Googleカレンダー公式アプリ(iOS版)最大の特長!

というわけで早速ダウンロードしてみました。Googleアカウントでログインするとカレンダーが最新の状態にアップデートされます。ここまであっという間。すぐに使えるようになるので、別のアプリを使っている人も乗り換えは楽チンです。

画像を載せたいところですが実際の予定が入っているので、ネットにあったイメージ画像を。
IMG_5384.JPG

iPhone純正のカレンダーアプリと比べて格段に見やすいです。

PC版に入力する時、要件の種類によって色分けをしていました。訪問予定は赤、動いている案件については黄色、等…。

それが、iPhoneで見ると色分けが反映されず非常に分かりにくくて困っていたのです。これは純正アプリ以外も、Googleカレンダーと同期できる有料アプリも含め同様でした。

そして今回、Googleカレンダー公式アプリによってついに、色分けがiPhoneで反映されるようになったのです。「見やすい」というのはこうした理由があるわけですが、今回の「iOS版アプリ登場!」というニュースをいろいろチェックしましたがどこにも書いていません。

実際に使っている人に対してはかなりのアピールポイントになると思うのですが…みんな色分け使ってないんでしょうか?それか私が知らなかっただけで、iPhoneで既に色分け対応アプリがあったのか…。

もちろん「マテリアルデザイン」「画像付き予定表示」「Gmailから予定を自動挿入」といった目玉機能はいずれも素晴らしいのですが、この「色分け対応」は地味ですが私のように食いつく人も居るかも、と思い、記事にしました。

とりあえず、仕事でGoogleカレンダーを使っているiPhoneユーザーにとっては間違いなくベストなアプリが、しかも無料で登場ということでダウンロードは必須でしょう。ぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)