ホットペッパーのデマを捏造する悪質バイラルメディア「netgeek」の記事を拡散する人たち

TwitterやFacebookのタイムラインは、知人との交流という目的以外にも情報収集という使い方もでき、非常に便利なものです。ニュース関連のアプリと併用することで、空いた時間に情報をインプットできますよね。

そんなタイムラインにも現れてくる、いわゆるバイラルメディアと呼ばれるサイトのリンク。まあ誰かがいいね!しているから出てくるのですが、鬱陶しいと思っているのは私だけじゃないはずです。

ホットペッパーに載っている店は全て量を減らしていると解釈する単純思考

評判の悪いバイラルメディアですが、最近ではこんなことが話題になっているようです。
netgeekがホットペッパーに関するデマをばらまく!?

特に悪評高いバイラルメディア「netgeek」がまたやらかした!という記事です。要約すると…

会計時にホットペッパークーポン出したら店員に「最初に出してくれないと料理の量を減らせないから困る」って言われて衝撃を受けた

というnetgeekの記事が、引用元はTwitterなのですが元のツイートをした人の意向を完全無視し「ホットペッパーが悪」と決めつけ、しかも関係のないワタミの画像を挿入しているというヒドイものだというものです。

リンク先にもにも書かれていますが、この「殺人犯の98%がパンを食べていたから、パンを食べている人はみんな殺人犯だ」みたいな理屈をあえて印象づけるような発信をして、炎上を狙っているのがミエミエです。

「クーポンを出したら量を減らしましょう」とホットペッパーが指導していたわけでもなく、その店が勝手にやったことでしかないというのは素人でもわかること。それをさも「ホットペッパーにクーポンを載せているお店は量を減らしている」という風に解釈してしまうような発信の仕方もどうかと思いますが、これをリツィートしている人は素直に解釈してしまっているわけです。
言い方悪いですがレベルの低い人があまりにも多いこと…

どれだけ拡散されているかはリツィート数や「いいね!」の数を見ればわかります。

なぜ「AはBだから、Bは全てAである」という短絡的な考え方になるのかな、と思いますが…そしてそれをさらに強調するかのように、かつてワタミで問題になった「メニューの画像と実際の料理があまりにも違いすぎた」時の画像を持ってくる。タチが悪いとしか言いようがありません。

バイラルメディアがタチの悪い記事を書く理由

前述のリンク先にあったように、ウソやデマとパクリばかりでリツィートやいいね!すると情報弱者とバカにされるといった具合のnetgeek。また、似たようなサイトで「BUZZNEWS」「BUZZHOUSE」といったいわゆる「バイラルメディア」と呼ばれるもの。

なぜ他サイトを平気でパクった上でウソや情報操作、そして事実と異なる煽りのタイトルを付けたりするのか?これはPVを上げてアフィリエイトやアドセンスで稼ごうとしているに他なりません。しまいにはバイラルメディア同士でパクられた!と言い出して潰しあっている始末です。

何度も言いますが、バイラルメディアがブームになっていると同時にいろんなところで問題を起こしており、記事の上っ面だけ読んでそれを印象だけで真に受けてしかもそれをTwitterやFacebookで拡散してしまう。
新聞社のニュース記事と2chまとめとバイラルメディアを同じ感覚で読んでいる人の多いこと!

こういうバイラルメディアへの接し方でレベルがわかってしまうと言っても過言ではないでしょう。

で、この記事の文脈に沿って「今回デマをでっち上げたのはnetgeekであり、全てのバイラルメディアを否定するのはおかしい」と言われそうですが。。。
バイラルメディアは参入障壁の低さもありかなりの量が乱立し、儲からないということで撤退したところも多いのが現状です。そして、そのサイト単体での広告売上ではなくあくまで「集客ツール」として活用する運営元も増えてきたようです。

という状況の中、捏造もパクリもなく運営しているバイラルメディアがあればいいのですが、それでアクセスを集めているサイトがあればそれは「バイラルメディア」とは呼ばれていないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)