出張サラリーマン必見!新幹線の列車番号を攻略し、混雑せず乗る方法

何度かこのブログにも書いていますが、仕事で出張に出かけることが時々あります。グリーンに乗れるような身分ではないので(笑)一般の指定席なのですが、隣の席に人が居るか居ないかで快適さが全然違いますよね。

混雑した新幹線移動というのはやはり極力避けたいものです。それで便利なのが「列車番号で新幹線の種類が読める」というもの。私もさっき知ったのですが、知っていると便利ですよ。

例えば東京から新大阪まで新幹線移動する場合。もちろん下りの「のぞみ」に乗るのですが、「新大阪止まり」のものと「終点の博多まで」のものがあれば、新大阪止まりのものを選びますよね。名古屋以降の混雑ぶりが全く違いますし、隣に人が乗ってくる確率も格段に下がります。

私はいつも「エクスプレス予約」を使ってiPhoneから席予約をしていますが、新幹線を選択する画面上では「どこまで行くか」がわかりません。予約して乗車してはじめて「博多行きだ!」と気づくわけです。

そうならないためにも新幹線の列車番号の規則を把握しておくことで、新幹線がどこまで行くかを知ることができます。

これ、便利ですよ。

IMG_5199.JPG

東海道・山陽新幹線の列車番号の規則
※参考/新幹線の列車番号のヒミツ から要点のみ抜粋して引用。一部例外は除く。大まかな区分として捉えて下さい,

※上り(東京方面)が偶数番号
※下り(博多方面)が奇数番号

のぞみ 1号~64号
東京~博多間の「のぞみ」

のぞみ 95号~99号
早朝や深夜等、東京まで行けない、または東京始発にできない列車

のぞみ 100号~138号
主に東京~広島の「のぞみ」

のぞみ 150号~197号
東京~山陽間の「のぞみ」で、臨時列車

のぞみ 200号~265号
東京~新大阪間の「のぞみ」

のぞみ 290号~430号
東京~新大阪間の「のぞみ」で、臨時列車

ひかり 440号~444号
山陽区間完結の「ひかり」

ひかり 491号~495号
東京以外の東海道区間→山陽区間直通のひかり

ひかり 460号~487号
東海道区間~岡山の「ひかり」

ひかり 500号~539号
東海道区間で完結する「ひかり」

ここではのぞみ・ひかりのみで例外事項は削除し抜粋引用しました(わかりやすくするため)。詳細は引用元参照下さい。

ちなみに「臨時列車」とは、乗客が多い時に臨時で用意されるものですね。定期運行のものが混雑する時に出るものなので当然、臨時列車の方が空いています。が、臨時の場合はN700系か700系かは乗ってみないとわかりません(定期運行は全てN700系)。ちなみに700系だとコンセントが少なかったり、椅子もやや狭く古いので私はあまり好きではありません。

というわけで、知らなくてもいいけど知っていると便利な出張豆知識でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)