偏見に満ちたアダルトアフィリエイトについて、ビジネスとしてマジメに考えてみる

今日はネットビジネスの中でもちょっと特殊でキワモノ的な「アダルトアフィリエイト」について書いてみようと思います。

ネットビジネスを副業として行う場合にアフィリエイトを選択する人は多いですが、アダルトアフィリエイトを選択する人は案外少ないもの。
また、「アダルトアフィリは稼げる」という声もよく聞きますよね。実際にやったことがないとわからない部分もあるので、そのあたりをまとめてみます。

アダルトアフィリエイトとは?

文字通りアダルトなコンテンツを取り扱うアフィリエイトのことを指しますが、アダルトアフィリエイトと聞くとどういったイメージが湧くでしょうか?

おそらく、いいイメージではないと思います。ジャンルの特性上、偏見が付きまといますよね。

いろんな偏見があると思いますが、一つ一つ見ていくと決して問題があるわけではないんですね。ホントにただの偏見でしかないということがわかると思います。

ワンクリック詐欺のようなイメージ
アクリックしてしまったら「契約完了しました。入会金99,800円を入金ください」のような画面が出てくるようないわゆる「ワンクリ詐欺」が、未だに騙される人が居るので問題になっています。

こういうのって、アダルトサイトということで後ろめたい気持ちがあるから誰にも相談できずお金を払ってしまうらしいです。逆に言うと、だからこそアダルトサイトに仕掛けられているというだけであり、アフィリエイトとは全く関係ありません。
ましてやアダルトアフィリエイターがこうしたワンクリック詐欺を扱っていることは、まずありません。アダルトアフィリエイトに対する「胡散臭いイメージ」の原因だと思いますが、ご安心ください。

騙しリンクが多い
いわゆる騙しリンク(目的のコンテンツへのリンクに見せかけて他サイトに飛ばす)というものが古典的な手法となっています。

なぜこんなことが横行しているのか?
それは、他のサイトやブログランキングにお互いに飛ばし合うことでサイトへのトラフィックを増やしているのです。これは決してユーザーに対して親切とは言えませんが、未だに多いのはある程度効果があるためです。

このようにネガティヴなイメージがつきまとうアダルトアフィリエイトですが、これがなぜ「稼げる」と言われているのかを紐解いていきましょう。

06a6602b65cd4514d95de1ff0ab49dab-700x350

なぜアダルトアフィリエイトがオススメなのか

アフィリエイトの取り扱いジャンルにおける、アダルトアフィリエイトの位置付け。他ジャンルには無い強みとして、大きく3つが挙げられます。

無くならないニーズ

どのターゲットの、どの部分の欲求に働きかけるコンテンツか?というところを考えてみましょう。例えばアフィリエイトプログラムの王道である「FX口座開設」であれば、想定されるターゲットは…

成人男性で働いていてある程度の収入があり資産運用に興味がありFX口座を持っていない人

こんな感じでしょうか。
FXや資産運用に興味がある人がどれくらいの割合でいるのか?見当もつきませんが、このニッチなターゲットに対して「FX口座開設」というアフィリエイトプログラムはまさに激戦区=レッドオーシャンとなっています。

一方、アダルトアフィリエイト。
ターゲットとしては「成人男性でアダルトコンテンツに興味のある人」これだけです。FX口座開設に比べターゲットの広さは言うまでもありません。そして何より、人間の最も生理的・衝動的な欲求に働きかけるコンテンツであること。これについては以前の記事にも詳しくまとめています。

【心理学アフィリエイト】ターゲットの「生存欲求」を満たすのがアダルトアフィリと情報商材アフィリである

特に、生理的な欲求に働きかけて衝動的に購入されがちなアダルトコンテンツというのは、外的要因(景気の良し悪し・流行り廃り)や内的要因(趣味嗜好・性格)の影響も比較的少なく、安定してニーズがあるものです。

いかにニーズがあるものなのかおわかりいただけましたでしょうか?

安定した継続報酬

アダルトアフィリエイト最大の魅力であるのがこの「継続報酬」というものです。字のごとく課題継続的に入ってくる報酬」ですね。

通常のアフィリエイトは、基本的に単品購入です。Amazonでもクレジットカードでも、購入や申し込みをするたびにアフィリエイト報酬が発生します。そのため、今月10件売れても来月ゼロというのも珍しくありません。

それに対してアダルトアフィリエイトでは、継続案件がメインとなっています。例えば月額◯円という動画サイトのアフィリエイトでは、一度入会するとその人が退会処理を行うまで自動更新され続けるのですが、その間アフィリエイト報酬も発生し続けるのです。

退会処理を忘れて課金され続けている人もいるようですから、太いお客さんを捕まえることができれば安定した収入になるわけです。もちろん単品販売プログラムもたくさんありますが、一番オイシイのは継続報酬プログラムです。

偏見による参入障壁

そして最後。特殊なジャンルということで結局はここに行き着きます。やはり「アダルトコンテンツの紹介料で稼ぐ」という人聞きの悪さ(笑)もあり、この偏見というものが理由で参入しない人が非常に多いようです。

もちろんアダルトアフィリエイトを行っている人も非常に多くいるのですが、参入を躊躇してしまうような偏見があるということ。これにより競争率はだいぶ下がっているものと思われます。

アダルトアフィリエイトにおける課題

ここまでアダルトアフィリエイトについて「意外と穴場かもしれないよ」というニュアンスで書いてきました。もちろんチャンスはたくさん眠っているとは思いますが、注意しなくてはならない点というのもあります。

ブログサービス・サーバーなど

ほとんどのブログサービスにおいて、アダルトコンテンツは禁止されています。数少ない「アダルト可」のFC2ブログに集中してしまっているのも当然のことです(ライブドアブログは有料プランのみ可能)。

そして次に考えるのが、レンタルサーバーの利用ですが、こちらも当然アダルト禁止のレンタルサーバーが多いのが実情です。特に国内のサーバーはほぼ全滅。なくはないのですがやはり割高となるので、アダルトのレンタルサーバーとなると海外の格安サーバーを使うパターンが多いのです。

このように、まずブログやサイトを構築する環境という面において、かなりの制限があるのです。

偏見との戦い

前述した通り、やはりアダルトアフィリエイトというもの自体への偏見は避けては通れないでしょう。まあこれは人に大っぴらに言うことでもないでしょうから(笑)地道に更新を続けていくしかないでしょう。

アダルトアフィリエイト今後の展望

どのジャンルでもそうですが、いわゆる「総合サイト」といったものは逆立ちしても大手にはかないません。資本も人員もない個人が立ち向かうには「専門店化」するしか道はないでしょう。
アダルトコンテンツというのは特にジャンルを細分化することでターゲットが明確になるので(個人の趣味嗜好におけるこだわりが強いため)、専門特化することにより太い顧客=継続報酬を狙っていきましょう。

以上、偏見の目で見られがちな「アダルトアフィリエイト」をマジメに考えてみました。法律的に問題もなくまた反社会的なものでもなく、ましてや騙しているわけではない。ここがいわゆる情報商材とは異なるところであり、毛嫌いするのは勿体無いとも言えます。

というわけで一つの「ビジネス形態」として取り組んでみるのも面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)