新たにブログを開設する前に!ブログを住宅にたとえて考えると無料ブログのリスクがよくわかる

当ブログは知り合いも結構見てくれているのですが、定番でありきたりな質問として「ブログを始めたいけどどうやって運営すべきか?」ということをよく聞かれるんです。

どこかの無料ブログにするのか?ドメイン取得しサーバーをレンタルしてWordPressで運営したほうがいいのか?そもそも無料ブログでも有料プランが各社あるぞとか…

考え出すとキリがないですが、このように「長所短所を踏まえて検討」すること自体が非常に大事なことだと思います。比較検討することにより各サービスの特徴が見えてきますし、自分がどういうブログをしたいのかという「思い」を整理できるためです。

ドメインを住所、サーバーを土地に例えるとわかりやすい

初心者の人にサーバーとドメインとWordPressの関係性について考える場合、住宅に例えて考えてみましょう。

一戸建てかマンションか?土地を分割して小さな一戸建てか?

インターネット上の全てのページには「ドメイン」があります。「●●●.com」のようなものですね。このドメインは同じ文字列は存在せず、一個人でも大企業でも早いもの勝ちで購入することができます。ネット上で目的の場所にたどり着くための「住所表示」です。
WEBページのURLは、このドメインの下にさらに文字列が付いてできています。

しかしドメインはあくまで住所「表示」でしかありません。ネット上の土地(=サーバー)を、自分の住所と対応させる必要があります。

土地を手配するにあたり、自前のサーバーを立てる(=土地を購入する)人もいますが、やはりサーバー会社によるレンタルサーバー(=賃貸)が主流です(自前サーバーは管理が大変なので。。。)。

レンタルサーバーの中にも共有サーバーと専用サーバーがあります。専用サーバーというのは「一戸建ての借家」。まるごと自分の土地なので、その中であれば好きなように使うことができます。

対して共有サーバーは言ってみれば「賃貸マンション」。その土地にマンションを建ててたくさんの人を詰め込むことで、一人あたりの家賃を下げられるのが強みです。ただしマンションのデメリットとして、隣近所の住人が毎日大勢の人を連れてきて騒音に悩まされることもありますよね。同じサーバー内に重いデータのやりとりをする人がいると、その影響により速度が落ちることもよくあります。私もこれで何度も泣きました。。。

そうならないように各自の利用制限が設定されておりますが、格安業者だと1つのマンションに支えきれない位のすごい人数を詰め込んでいることもあるそうです(笑)。

そして一戸建てほどのコストはかけられないけど、マンションの不自由さを解消したい。そういうニーズに応えて最近は各社からVPS(仮想専用サーバー)という、言うなれば「さらに土地を細かく分割して小さい一戸建てをたくさん作る」ようなサービスも増えています。

独自ドメイン運用を推奨する最大の理由

このようにサーバー運用にもいろんな形がありますが、結局は賃貸物件。大家さんの都合で取り壊しになったりすることも当然あります。レンタルサーバーも同様で、いつか追い出されるリスクがつきものです

しかし、普通は引越しをしたら住所が変わりますが、インターネットの場合は住所表示(=ドメイン)を変えずに引越しができるのです。

これは、あなたが独自のドメインを取得している場合の特権です。サーバー移転という引越しを行っても、ドメインの割当先を新しいサーバーに変更することにより訪問者はアナタのサイトにたどり着ける。これが、独自ドメインの取得を推奨する最大の理由です。サーバーを転々としてもドメインさえ持っておけばいいのです。

他人の住所の中で生活するブログサービスはリスキーである

では、ここからはブログについて考えてみましょう。

いわゆる「無料ブログサービス」。例えばFC2ブログやアメブロ、ライブドアブログなどさまざまな種類がありますが、ここではメジャーなアメブロを例にあげます。

アメブロは言うまでもなく、サイバーエージェント社の「アメーバブログ」というサービスです。アメブロでブログを開設するとURLは「http://ameblo.jp/●●●」となります。末尾に自分の好きな文字列を設定できるのです。この中で「ameblo.jp」というのは、サイバーエージェント社が所有するドメインであり、このドメイン内にある全てのページ(あなたのブログを含む)は同社の資産となるのです。あなたの資産じゃありません!

ameblo.jp というドメインに紐づいたサーバー上でアメブロのシステムが稼働しており、入力するだけで簡単にブログとして表示される、というしくみをサイバーエージェント社が提供しているのです。これはFC2でもライブドアでも、どこのブログサービスでも同じです。

ここからが本題。

例えばアメブロのサービスが終了したら?

当然、データをダウンロードして別のブログサービスに引越しを行い、ブログを再開するはずです。しかし、ネット上の住所表示はどうなるのか?あなたの取得している独自ドメインではなくアメブロのドメインなので、サービス停止となると使うことはできません。FC2ブログに移転したとして「htt://●●●.blog.fc2.com」という新しいURLにアクセスしてもらわないと、アメブロ時代のURLではアクセスできません。

ここが、ブログサービスを使う上での重要な問題となります。Googleに登録された今までのページ、他サイトから張ってもらっているリンクが全て無駄になり、ゼロからのスタートとなるのです。これってすごいリスクですよね・・・。

もちろんサイバーエージェントのサービスがそんなに簡単に終了になる可能性はかなり低いですが、例えばあなたのブログがアメブロの規約に引っかかって今後アメブロが使えなくなってしまったら?

あるいは、仕様が限定されすぎていて「もっと広告を掲載したい」「デザインをいじりたい」といった不満がでてきたら?

そういった場合にアメブロから他のサービスに移転する際、上記の問題が出てくるのです。

ちなみに無料ブログには「有料プラン」が用意されているものが多いですが、その場合はどうなるのか?有料プランだと独自ドメインの設定が可能なことが多いですが、そうであれば万が一のことがあってもドメインを変えずに移転することができます(引越し作業は結構面倒ですが)。

WordPressはデザイナーズマンションのようなもの

レンタルサーバーでブログを運営するとなると、無料のブログ構築ソフト「WordPress」をサーバーにインストールするのが手っ取り早いです。レンタルサーバーという賃貸マンションにおいて、自由度の高いカスタマイズが可能です。

同じ賃貸でも、いわゆるブログサービスが「共同風呂の4畳半一間」だとすると、レンタルサーバーにインストールしたWordPressはデザイナーズマンションのようにスタイリッシュなテンプレートが無数に揃っており、しかも好き勝手にカスタマイズできる空間と言えるでしょう。この差は歴然で、しかも引越ししてもドメインは変わらないのです。

結局、どうやってブログを始めればよいのか?

というわけで、「ブログを書く」と言ってもいろんなやり方があり、無料ブログサービスで始めるのとWordPressで始めるのでは全く違うということも伝わったのではないでしょうか。

で、結局ブログを始めるのにオススメは?となりますが、用途によります。そのブログを「資産」として蓄積していくのを目的とする場合は、間違いなく独自ドメインで運用しましょう。要するにそのブログを蓄積していくことでアクセスを集め収入を得ようとしている場合。まあネットビジネスやアフィリエイト目的の場合ですね。

もちろんブログサービスの有料プランで独自ドメイン設定ができるものでも良いのですが、やはりWordPressで運用していた方が何かあった時のサーバー移転がスムーズです。

これが、自分のメモや日記、内輪で楽しむものだったりすれば無料ブログサービスで十分でしょう。「無料」というのは非常にハードルも低く、重要な要素です。いつでも辞められますし…
もちろん無料ブログでも商用(ビジネス)利用もできるものが多いですが、前述したようなリスクは予め理解しておく必要があります。

新たなブログを立ち上げる際は、これらのことを踏まえ検討しましょう。後から乗り換えることもできますが面倒ですから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)