スマホからのアクセスを無駄にしない!WordPressブログで広告の表示内容をPCとモバイルで条件分岐する簡単な方法

やっぱりブログするならWordPressですね。最近改めて、つくづく思います。何と言っても自由度の高さ!これに尽きると思います。

ライブドアブログ等を「ブログを書くことに専念できる」という表現をすることもありますが、いろいろいじれるに越したことはありません。というわけで今日はWordPressのちょっとしたカスタマイズについて紹介します。

パソコンとスマホで表示するものを変えるタグ

スマホからアクセスしたユーザーにスマホ用の画面を表示させる場合、別のテンプレートを使う場合はいいのですが、レスポンシブデザインのテンプレートを使用する場合はパソコンとスマホで広告の出し分けをしたいこともあるでしょう。

例えば、記事タイトル下の広告は、パソコンならこの広告、スマホならこの広告、というように。いわゆる「条件分岐ってやつですね。もちろん広告以外でも同様です。
そういった場合に使えるタグを紹介します。WordPress管理画面の外観編集の画面で、貼り付けしたいところに下記をコピペしてください。

<?php if(is_mobile()) { ?>
(タブレット・スマホ・ガラケーから閲覧された場合の処理)
<?php } else { ?>
(PCから閲覧された場合の処理)
<?php } ?>

コヒペしたうえで、スマホからの表示物とパソコンからの表示物をそれぞれ指定の位置に貼ります。そして試しにアクセスしてみると…うまくいきましたか?

これは結構使えますよ。当ブログもレスポンシブデザインなので、記事上の広告はこのタグを使っています。

スマートフォンからのアクセスは非常に重要

インターネットにおいては、スマホの波が押し寄せてきています。ちなみに当ブログにおいてはアクセスの半分以上がスマートフォンからです。
ここまでなると、スマホをメインに考えてもいいかもしれませんね。

パソコンからのアクセスとスマホからのアクセスで、それぞれどのように表示されるかを一度見てみましょう。当ブログはレスポンシブデザインとなっていますが、基本的に広告設定などはパソコンで行うと思いますが細かい部分についてはスマホで必ず表示チェックするようにしましょう。

パソコンで作業をするのでパソコン画面を基準に考えがちですが、スマホからアクセスしてみて使い勝手や見やすさを客観的にテストするのも効果的だと思います。

というわけで、スマホの広告設定についてぜひこの機会に見直してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)