SEO対策を過剰に意識せず、一般的な感覚にとどめています

世の中には「SEO対策」を事業としている業者もあります。こういう会社って、具体的にどんなことをしているのでしょうか?

被リンクチェックやアクセス分析?そんなことはGoogleアナリティクスでできます。

メタワードがどうとか、タイトルにキーワードを散りばめて〜みたいなコンサルティング?Googleへのインデックス促進?そんなのアフィリエイターならだいたいできますよね…

「アクセス数をアップさせる!」みたいなキャッチコピーをよく見ますがこういう「Google様次第」なものを断言して商売にするのはいかがなものなんでしょうか?

「効果を保証するものではありません」と端のほうに小さく書いておけばよいというような、簡単な問題ではありません。

そしてWEBに疎い企業に限って、どうしたらいいのかわからずにこういった胡散臭いSEO業者に依頼するパターンが多いのです。

というわけで私は、SEOについては過剰に意識せず、普通の考えで日々の作業を行って行くように心がけています。

SEOに関する専門的なこと、テクニカルなこと等、ネットにもいろいろ紹介されています。しかし、そういった対策が過剰過ぎるとスパム判定されてしまう可能性が上がります。というわけであまり極端なことはしない方が無難です。

・記事タイトルにキーワードを入れる
・適度に画像を使い分かりやすく
・読者に読みやすい文章を、さまざまな語彙を使いまとめる
・むやみにサテライトサイトを作らない
・記事内で他のブログを紹介をする時には、アクセスを送るとかもらうとか考えない
・記事を更新したらTwitterでつぶやくようにする

こういった「ごく自然なこと」「当たり前なこと」を地道に続けていく。もちろん手間もかかると思いますが、長い目で見て一番Googleの評価が高くなるのは、このやり方のはずです。

そもそも…
SEOなんて言葉を知らなくてもGoogle検索で一位を取ることはできます!もちろんそれが一番理想なのですが、それができない人が大多数のはず。なのでそういった人たちが「SEO」というものを追求し始めたのです。

1位の内容のサイトなのに8位に表示されてしまっているから、サイトの構成等を最適化してGoogleにきちんと1位評価してもらう。これが本来のSEO(=検索エンジン最適化)だったはずです。

しかし今は、もともと8位程度のサイトを1位に表示するための小手先のテクニックのことをSEO対策なんて言ってしまっているようです。

こんなのは本末転倒ですし、そのうち8位に、であればまだ良いですが、変なことをしていると圏外に飛ばされちゃうみたいですよ。

というわけで、小手先のテクニックではなく、きちんと評価されるような中身のある素晴らしいブログを作っていきましょう。それが結果的に、最強の「SEO対策」になるのです!

というわけで、小手先のテクニックではなく中身で勝負していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)