【動画あり】XJAPAN 1993 Mステスーパーライブ(Tears & X) トークからドラム破壊までのフル動画

今日は、昔好きだった音楽の話題です。1993年のMステスーパーライブでの伝説のエックスのフル動画です。

というのもX JAPANが17年ぶりにミュージックステーションに出演ということで、年末のスーパーライブに出演しました。私、これでも昔は大好きだったんです。

仕事だったので生放送では見えてないのですがYoutubeにあったので後から見てみました。メドレーと言いつつ「紅」がピアノの頭だけだったり、YOSHIKIが立ち上がるタイミングを間違えて(?)まだ座ってないのにドラムカウントの音がはじまって、当て振りなのがバレバレだったり。
とはいえ、やっぱり圧巻の存在感だったようです。

伝説の1993年ミュージックステーションスーパーライブのパフォーマンス

で、今回の本題。
今でも伝説となっている1993年のMステスーパーライブ。ドラムを破壊する時にカメラが壊れたところが今でもたまにテレビで流れたりしますが、その日のフル動画ってYoutubeにもなかなか無いのですが、韓国の「Daum動画」というYoutubeみたいなサイトにありました。

トーク+「Tears」「X」で何と、18分程度あります。
私は丁度中学生の頃で、ギターを買ってもらって一生懸命エックスのコピーとかしていた頃なのではっきり覚えていますが久々に見ました。このころ大好きだったなー、という懐かしい気持ちです。
ちょうどクリスマスで、客を入れて生放送で、この映像の通りものすごい客の盛り上がりで、HIDEが叫ぶわYOSHIKIがドラム壊すわでした。「X」を煽り含めフルで生演奏したのってこれが最初で最後でしょう。

これも時系列ではっきり覚えてますが、1992年1月の東京ドームでTAIJI脱退。10月のエクスタシーサミットでHEATH紹介。大晦日の紅白歌合戦でテーマ曲として「Tears」が出演者全員で歌われ、1993年にXから「X JAPAN」に改名し、「フイルムギグ」を開催。夏に「ART OF LIFE」、秋頃に「Tears」リリース。そして年末12月31日の東京ドームライブを目前に控えたクリスマスの生放送ということで、ファンからすると久々という抜群のタイミングだったのです。

とはいえ、自身のコンサートではなくいろんなアーティストが出るテレビ番組で、これだけ客が盛り上がっている映像というのはまずないでしょう。

m_Mstation20141114

一昔前はテレビでも生演奏が当たり前だった

この1993年映像と、今回の2014年映像で、大きく異なる点があります。前述したように、2014年のメドレーは明らかに当て振りです。ドラムがあの位置にあってマイクがセットされていなかった時点で、わかります。音を聴いても明らかにあの場で弾いていないことがわかります。

一方1993年の「X」は、生演奏ですね。PATAがギターソロをミスしているのがはっきりわかるのが、結果的に臨場感を出しています。音も含めて完全にXのコンサートのようです。

生放送でカラオケ(歌は生歌だがバックの演奏は当て振り)というのは今はもう当たり前ですが、そういう観点で昔の映像を見るとなかなか面白いものです。

ちなみにテレビ番組の映像って権利が厳しいようで、再販って難しいらしいですね。このあたりのテレビ番組出演映像が発売できれば、かなりニーズが高いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)