専業主婦は空いた時間に友達とLINEとかする暇があったらブログを蓄積していくべき!

最近、家でよく話題に上がることがあります。「パートで働きにでるか?」。もちろん私ではなく、専業主婦である妻の話です。

我が家には2人の子が居ます。下の子が来年から幼稚園にいく歳なので、迷っているとのこと。このタイミングから働き始め、保育園に入れようかなあと考えているようです。

主婦の方が働きに出たい理由

考え方はいろいろあるのですが、一番のネックは上の子。まだ小学校低学年なので、もし働くとなると学童保育に入れなければなりません。カギっ子で一人で家で過ごすというのもありますが…

私は「妻は働かなくていい」と思っているので、今までは妻は働いていません。だって、共働きによって家事が疎かになられたりしたら困るし…という自分勝手な理由ですが。もちろん「母親には子供のそばにいて欲しい」という考え方です。

そもそもお金の面もあります。扶養の範囲内で働きながら保育園に入れるとあまりお金が残らないみたいですね。単純にパートで月10万円稼いだとしても、保育園も場合によっては4〜5万円かかることもあるとのこと。何だか非効率な気がします。また、子供は熱を出したりすることもよくあるので、そうやって途中で呼び出しがあることも考えるとパートの職種や勤務地が限られます。

働く理由はもちろん「お金」です。
普通に生活する分には問題ないですが、やはりちょっとプチ贅沢をするといったときに、自分で使える小遣いが欲しいそうです。気持ちはものすごくわかりますよね。
しかしよく考えると、世の中の主婦の方のほとんどは同じようなことを考えているのでしょう。実際パートで働いていても、それを自分の小遣いにして好きな事に使っているという主婦の方は、そんなに多くないはずです。

主婦の方が自宅で効率的に稼ぐには…?

だったらアフィリエイトで効率的に稼いだらいいじゃん!って言いたい所ですけど、誰でも簡単に稼げるわけではない。けど、働きにでなくても自宅で稼げたらいいですよね。

一つ言えることは、いきなり「稼ごう」という強い意志ではじめてしまうと、思ったよりも稼げなくて諦めてしまいがちです。なのでそこまで力まずに、まずはLINEとかゲームでケータイをいじる間にブログでも書き溜めておく、というのはいかがでしょうか。

WEB集客に関する具体的なビジョンがあればよいですが、普通はそこまでありません。なのでとりあえず暇つぶしでもいいので、自分の興味のある事を中心にブログを書き留めておくのです。ブログというものはある程度の「記事の件数・文字の量」も必要ですので、思い立ったときからとにかくはじめてみる、というのがいいかもしれません。

それをとにかく続けてみて下さい。
1日1記事で良いのでとにかく書いてみる。
自分の視点で、できれば特定のジャンルに絞るのが効率的です。

アフィリエイトブログへシフトする

ブログを書き続けながら、アフィリエイトの勉強を少しずつしていきましょう。記事をたくさん蓄積しつつ集客を進めて行き、twitterなどでも記事を拡散して行くことでさまざまな「網」を張って行きます。検索エンジンからだけではなくSNSなどでも集客できるようにし、ブログやSNSのアカウントを育てていきつつ少しずつアフィリエイト広告を貼って行きます。

またはGoogleAdsenseのような「クリック保証広告」を貼るのもいいでしょう。当ブログもそうですが幅広いジャンルを取り扱うブログでも最適な広告を自動表示してくれるので、非常に使い勝手は良いです。

女性でも稼いでいる方もたくさんいらっしゃいます。ネットでいろんな「女性アフィリエイター」のブログ等を参考にするのも良いかもしれません。

しかし、主婦の方に勧める理由は、これだけではありません。
もっと大きな理由があるのです。

働いた時間への対価と、業務自体への対価は大きく違う

私がなぜ女性、特に専業主婦の方にアフィリエイト等の副業を勧めるのか?それはずばり「時間に対する考え方」です。

妻が専業主婦なので、専業主婦というのが如何に大変かというのは身を持ってわかっているつもりです。「主婦は楽だ」と勘違いしている男とは違います(笑)

で、忙しいのは重々承知の上であえて言えるのは「やることはたくさんあって忙しいけど、比較的時間の都合はつけやすい」ということです。サラリーマンのように時間で拘束されているわけではないので、主婦の場合は「ちょっとした空き時間」は自由に使えることができるのです。これは大きな強みですね。

また、サラリーマンのように雇用されているわけではないので、仕事の進め方は本人次第。

例えば、洗濯。
洗濯は「キレイにすること」が目的ですから、その目的のために30分使おうが2時間使おうが自由です。キレイに洗う事が出来れば、洗濯機を使おうがクリーニングに出そうが手洗いしようが、何でもいいはずです。

ただし、クリーニングに出すにはコスト(お金)がかかる。
手で洗うにはコスト(時間)がかかる。
だから、そのあたりのさまざまなコストを(無意識に)比較・勘案し、「数万円の購入費が必要でも洗濯機を買うべき」という判断をしているわけです。

対して、パートで働きに出る事。
これって、目的に対してではなく「働いた時間」に対してお金がもらえます。
コンビニで働いても、給料は売上げに対してではなく「時間」に対して発生します。

このように「時間に対する報酬」という環境だと、「仕事を効率的にこなそう」という考えにはなかなかならないものです。効率的にこなしてしまうと、新しい仕事を与えられるだけですから…
一番利口なパートさんは、与えられた仕事を定時の直前に終わるように調整する人です(笑)。

では、サラリーマンはどうでしょうか?
ほとんどのサラリーマンは「月額固定」の給料です。営業の歩合制という人もたまには居ますが、ほとんどの人は安定していますよね(それがサラリーマンの強みです)。
もちろん日々工夫していきますが、「安定した給料をもらうため」の工夫です。
※最近は終身雇用というものも崩壊しつつありますが、やはりまだ安定していると言えるでしょう

女性にアフィリエイトを勧める理由

労働というものは大きく二つに分かれます。

【労働時間に対する対価】
・サラリーマン全般
・主婦のパート

【業務自体への対価】
・自営業の方全般
・家事全般
ネットビジネス全般

アフィリエイトを含めたネットビジネスも、もちろん「業務自体への対価」に含まれますね。まあ個人事業主みたいなものなので当然ですが・・・。要するに、30分作業しても10時間作業しても、収入には比例しないということになります。

前述したように、家事もそうです。やった時間を評価されるわけではないということです。
となると、もしかしたらサラリーマンの旦那よりも専業主婦の奥さんの方が、「時間の切り売りではない稼ぎ方」に柔軟に対応できるのかもしれません。

そういう考え方をすると「わざわざ一日5時間の仕事のために勤務地まで出向いて、一時間あたり800円をもらう」ことが非効率に思えます。

※これは、あくまで核となる収入で生活が成り立つ上で、さらにお金を稼ぐという場合の考え方です。サラリーマンの副業だったり、奥さんのパートだったり…。その前提がない場合は環境が全く違います。

人それぞれ、最適な働き方を考えてみましょう。その上で、現状の生活に加えて余裕があればアフィリエイトをはじめてみるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)