【動画あり】沢田知可子の「会いたい」替え歌事件で思い出すのは、亀有ブラザースの替え歌を喜んだ忌野清志郎

歌手の沢田知可子さんが、自身の代表曲「会いたい」の作詞家の沢ちひろさんに著作者人格権侵害で訴えられたそうで、連日ニュースになっています。

「からくりTV」の替え歌で訴えられたんだと思ったら、それだけじゃなく英詩を追加した曲を勝手に発表したとかいろいろあるようですが…

作詞家が怒って揉める、というのは森進一の「おふくろさん騒動」以来でしょうか。

もちろん著作権はしっかりと守られているものですが、歌詞として世に発表し商品となっているという時点でそういった替え歌などになるのは仕方ないと思っていましたが、案外、著作者の権利というのは守られているようです。

著作者人格権とは?何を守っているのか

そして今回の、著作者人格権という聞きなれない言葉について調べてみると、

著作者人格権というのは、著作者が著作物に込めた思い、思想、感情、気持ち等の著作者の人格に関わる利益も権利として保護しましょう、権利として保護して著作者が著作物に込めた思い、思想、感情、気持ち等を踏みにじる行為を禁止しましょうということです。
(中略)

替え歌は、著作者の同一性保持権を侵害する行為であり、著作者人格権の侵害の典型例です。
歌詞を追加することも著作者の同一性保持権を侵害しますので、著作者人格権の侵害になります。

無断で替え歌を作ったり歌詞を追加したりするような行為は、替え歌や追加の内容が世間の好評価を得ようが得まいが、著作物に込められた著作者の思いを踏みにじることになるからです。

※同一性保持権:著作物を勝手に変更したり切除したりその他の改変をしたりすることを禁止する権利です。

引用元/沢田知可子さん作詞家と訴訟へ…替え歌でも「著作者人格権侵害」なの?

だそうです。
替え歌自体が著作者の人格を侵害している、という解釈のようです。

替え歌に対する対応の違い

この観点で行くと、いわゆる「替え歌」というもの自体が権利侵害である、ということになります。替え歌で訴えられたら嘉門達夫とか成り立たなくなります(笑)

要するに替え歌された側の作詞家は、それを「拒否できる」権利があるということだとは思いますが。。。

これは結局、替え歌「される側」の心意気ひとつで変わるということですね。というわけで今回は、この騒動の作詞家・沢ちひろさんと真逆の対応だった、忌野清志郎さんの動画を貼っておきます。

懐かしの深夜番組「北野ファンクラブ」で、下ネタ替え歌でおなじみ「亀有ブラザース」コーナーで、何と自身の曲の替え歌の時にゲストで出てきてギターを弾くという素晴らしい対応(笑)しかしこの「雨上がりの夜空に」と「スローバラード」の替え歌のひどさ(笑)これをテレビでやってたんだからすごい。そして笑いながらギターを弾く清志郎さんの懐の深さは最高!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)