Amazonマーケットプレイスなら、ヤフオクみたいに面倒なやり取り不要なので、売買ともに便利!

インターネットで売買ができる便利な時代。私も一時期はヤフオクで物を売って稼いでいたこともあります。今はたまに、欲しいものを買い物するくらいですが。

昨日、ふと欲しい書籍があって、ヤフオクで検索してチェック。その後Amazonマーケットプレイスでもチェック。比較してみるとほぼ同じくらい。Amazonの方が50円程度高いだけです。

余計な手間なく買えるAmazonマーケットプレイス

どちらも出品者の評価は特に問題ない様子。そしてヤフオクの方は、よく見ると「送料込み」となっています。たいしてAmazonマーケットプレイスは書籍の規定として配送料が250円。この配送料の差により、金額的にはヤフオクの方が300円程度安いということになります。

この状況であれば普通はヤフオクで買うのでしょう。しかし私は、Amazonマーケットプレイスで購入しました。

なぜか?

メッセージのやり取りが不要で、すぐ届くからです。

ヤフオクの、いちいち「はじめまして」というやり取りをするのはかなり面倒です(これは出品者側も一緒ですが)。というわけで、Amazonマーケットプレイスの便利さを最近身に染みて感じています。

Amazonマーケットプレイスの配送料について

ヤフオクだと出品者が自由に決められるので、例えば送料込みだったり、個別で設定できます。しかしAmazonは、ルールが決まっています。

書籍は250円
CDは340円

これは、物によってではなく一律で決まっています。Amazonマーケットプレイスで1円の書籍がよく売られていますが、この配送料は必要です。出品者はこの差額で儲けているわけです。

Amazon自体(Amazon.co.jpの新品)は配送料無料というものが増えているので、余計にややこしいですよね。きちんと配送料をチェックしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)