2015/06/220 Shares

情報商材を90%OFFで販売しているインフォオフは情報商材屋よりクズだ


相変わらずよくメールが来ます。
情報商材の売り込み関係。
ホント多いですよねえ。

情報商材といってもいろんな物がありますが一番タチが悪いのはやっぱり「儲かる」系のものですよね。物好きなので話のネタにということでだいたいクリックして見てみるのですが、こんなの買う人居るの?というようなものがいっぱいです。

Googleの画像検索で「情報商材」で入れてみて下さい。もう胡散臭さ満点!
さすが、与沢率が高いですね(笑)

もはや情報商材=稼げる系といっても過言ではないようです。

情報商材の何が問題かは置いといて、本日の話題はこちら。
情報商材を90%OFFで販売している「インフォオフ」について。

私、今まで存在すら知りませんでした。普通に生活していたら知る事もないでしょうし、知る必要もないのですが・・・

リンクを貼るのも気が引けるので、「インフォオフ」で検索するとトップで表示されますので、一度見てみてください。

インフォオフの仕組み

このインフォオフですが、WEBサイトに簡単にまとめてあったので引用します。

当サイトは情報商材のファイル共有サイトです。
アップロードされている情報商材は定価の90%OFFでダウンロードすることができます。
サイト上にない新しい情報商材をアップロードをしていただくと、商材定価の10%分をポイントとして付与いたします。
サイト上の投稿された情報商材はポイントを使ってダウンロードすることができます。
所有ポイントが足りない場合は、ポイントをあらかじめ追加購入することでダウンロードすることができます。
(以上、インフォオフWEBサイトより抜粋)

ポイントを購入すると、格安で情報商材が買えるということです。まあ、情報商材を安く手に入れたいという人のニーズには答えていますが・・・いくつか問題が。

無限にインフォオフが儲かる仕組み
おそらくブックオフやハードオフのイメージで「インフォオフ」と名付けているのでしょう。しかし情報商材は、ユーザーにアップロードさせて、それをポイントを支払った不特定多数のユーザーにダウンロードさせています。

もちろんアップロード自体が違法なはずですが、要するに仕入れはタダ(厳密にはアップロード者にポイントを支払っているが仕組み的にタダみたいなもの)で、DLで金を取る。これはインフォオフだけが儲かる仕組みです。というよりファイル共有の仕組みを作って場所代を取っているような物でしょうか。

フィリピンの法律に基づき運営・・・?
どうやらフィリピンの法律に基づいて運営されているので安心・・・なわけないでしょ!という突っ込みが入りそうですね。ネットにも悪い評判がたくさんありますが、この仕組みの時点であやし過ぎます。間違ってもクレジット番号などを入力してはいけません。何に使われるかわかったもんじゃないですから・・・

音楽やコミックも平気でアップされている
いろいろ見ていましたが情報商材の件よりも深刻な問題が。「Music」というところをクリックしてみると、音楽ソフトが平然と上げられています。

いやいや・・・
これ、CDアルバムを圧縮してアップしてるだけでしょ。
これも90%OFFということで、アルバム1枚分が300ポイント(=300円分)で販売されてますよ。

同じように漫画もありました。おそらくスキャンした画像を販売しているのでしょうか。これ、明らかにアウトです。ファイル共有サイト言いつつこの「インフォオフ」がお金を取っていますので悪質です。

情報商材屋もひどいが、もっとヒドいインフォオフ

情報商材屋のやり方というのは、当ブログでも定期的に書くようにしていますがタチが悪いです。法的に問題なければいいのかもしれませんが、「バカをダマすビジネス」でしかありません。

そして、そんな情報商材屋が頑張って売っている(笑)高額商材をアップロードさせて、格安でダウンロードさせているインフォオフ。

そもそもこういった高額商材は「稼ぎたい」「お金が欲しい」という人が買うもの。となると通常3万円の商材が3千円でダウンロードできるというのは魅力でしょう。

こういうのは無視すればいいのでしょうが、あまりにもヒドいので紹介しました。著作権という観点もですが、個人情報悪用される可能性が高いですよ!