「tsu」に食いついているのは情報商材アフィリエイターばかり!そこまでして子が欲しいのか!?

先日も記事にした「稼げるSNS」であるtsu(スーと読みます)ですが、一部界隈では盛り上がっていますが、普通に生活していると耳にすることはまずありません。

だって、周りの人誰も使ってないですから。

一部の界隈というのは要するに情報商材アフィリエイターだけですね。または情報商材で勉強して稼ごうとしている人。

Googleで「tsu」を検索してみると、アドワーズ広告でURLが「ジャパンコミュニティー」となっているので日本版の管理ページのようなオフィシャルな感じに見えますが、ただのいちアフィリエイターによるものです。

tsuは完全招待制であり、自分のひ孫までの稼ぎの一部が入ってくるようなシステムなので、みんな子作り(というと下品ですが)に余念がないわけです。

しかし、ご存知の形も多いと思いますが上記の広告スペースは有料です。1クリックされるごとに数十円をGoogleに支払う必要がある。そこまでして子を集めているのですから大したものです。

この取得1件あたり何円くらいかかるものなんでしょうか。。。?興味はありますね。 子を作るためにGoogleアドワーズ広告まで使うというのはビックリです。

で、報酬は支払われるのでしょうか。。。?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)