実態のないビジネス?手を出すべきではない?オプトインアフィリエイトの仕組みとカラクリ

与沢翼さんが、最近また羽振りがよくなってきたようです。シンガポールに新会社を設立したり、ラスベガスに行ったりというエントリーが流れてきています。

改めて説明するまでもなく、与沢翼さんは高額セミナーアフィリエイトで成り上がった人です。

いわゆる「儲かる系」の商材やセミナーって、その胡散臭さに反して売れるそうです。私も過去にこんな記事を書いていますが。。。
「儲かる系」の情報商材を売っている人はなぜそのやり方でもっと稼がないのか?

で、この高額商材ビジネスを成り立たせているものこそ、オプトインアフィリエイトと呼ばれるものです。

オプトインアフィリエイトとは

「オプトイン」とは、直訳すると「同意して入る」。個人情報保護法以降、よく出てくる言葉となっています。要するに「同意した上で登録する」というものです。

オプトインアフィリエイトは「無料オファー」とも呼ばれており、「無料登録を促すアフィリエイト」となっています。

ここに一件のオプトインアフィリエイト案件があります。ここをクリックし、サイトを見て興味を持ち、ページ下部のフォームにアドレスを入力しメルマガ登録を行うことを促すのです。
日本一のリア充男 紹介キャンペーン
※見本で貼り付けたものですので、実際に登録しなくていいですよ!

登録するとどうなるか?
私にお金が入ります(笑)
案件にもよりますが1件あたり300円〜600円くらいにはなります。

無料登録だけで?
10人登録すれば4000円とかになりますよ?もしメルマガの内容自体に興味が無いとしても、あなたもこのアフィリエイトをやりたくないですか?

このメルマガ紹介アフィリエイトをやりたい人は、メルマガ読者として登録すれば申し込み画面にアクセスでき、すぐに開始できます。

…ほら、メルマガに登録したでしょ?(笑)これってどんどんメルマガ登録が増えていくやり方なのです。

アフィリエイターを「親」、登録する人を「子」とすると、親になりたければ誰かの子になる必要があるという…。一見ネズミ講のように聞こえますが、親になるのはお金がかかりませんので問題はありません。

オプトインアフィリのカラクリをバラす!

ここまで読んで、オプトインアフィリエイトに関して疑問が湧くと思います。

「メアドを1件500円も出して集める価値があるのか?」
要は詐欺なんじゃないか?お金は払われるのか?ということです。

この謎を解くヒント。
オプトインアフィリエイトの報酬は、月末〆の「翌々月末」に支払われるという事実。

例えば…

1月1日
一件500円の報酬でメアドを集める「一ヶ月のキャンペーン」を開始。

1月31日
キャンペーン終了し、1000件のアドレスが集まったとします。

2月1日
集めたメアドに対し、高額塾(販売価格20万円)のメルマガ配信開始。プレミアム感を出すために申込み・入金の締切を1ヶ月に設定。

2月28日
塾申込み締切。1000件のうち3件の申込みがあり、60万円を手にする。

3月31日
1月末〆分のメルマガ収集に対する報酬を支払い(翌々月末なので3月末)。

この例でいくと、1000件のリストに対して3件売れば元が取れて10万円の利益が出ます。もちろんもっと売れば丸々利益ですし、金額設定にもよりますよね。

もちろん商材内容により売れ行きは大きく左右するので、その商材内容及びセールスページ!もっと言えばその人自体のブランディングまで、さまざまな要素により変動します。

ちなみに、上記の例でいくとあくまでメアドを集めた1000人へのマーケティングに見えますが、このアドレスが使えるのは一回だけではありません!
メルマガ解約の申し出がない限りずっと使えます。

ということは…
上記の例のあとに再度、今度はまた違う商材のセールスをしようとしてまた1000件のアドレスを取得した場合。今度は合計2000件のアドレスに対しマーケティングができるわけです。

こうして所有リストはどんどん増えていくわけですから、そう考えると1件500円の報酬というのは高くないですね。

これが、オプトインアフィリエイトの仕組みです。

これは頭に入れておきたい!オプトインアフィリのリスク

このように、1件500円とかで手にしたメアドをとにかく使いまくって儲けに変えるわけですが、これってかなりリスクがありますよね。もし売れなかったらアフィリエイターへの支払いが出来ないという、いわゆる自転車操業です。

実際、そうした事情で報酬が支払われないことも頻発しているようです。これについては、界隈で有名な販売者の方が安心でしょう。資金的な元手もあるでしょうし、未払い発生という悪評を出したくないでしょうから…

企業と同じですね。大手の方が安心という意味では。

リスクをもうひとつ。
紹介件数が確定する時に、「不承認」という形になるものが結構多いということ。

例えば重複アドレス、自作自演、または同一人物などいくらでも言い訳はできるでしょうから、このあたりはその販売者の裁量ひとつです。

これらが物理的なリスクです。

そして。
ここからが重要です。

メアド登録をさせるということは、その人を500円で売っているということです。登録させることによりいろんなメルマガが送信されることで、今後あなたのブログの情報がその人に届かなくなることもあります。人間のインプットできる情報量は限界がありますから…

そもそも、あなたが500円で売ったリストで、大金を手にする人がいるというのも何とも複雑な気持ちですよね…「実態のないビジネス」という、IT業界のネガティブなイメージを集約しているとも言えます。このあたりが、私がオプトインアフィリエイトをやらない理由なのです。

というわけで、やるやらないはアナタにお任せしますが、上記のような仕組みやカラクリ、デメリットや実態をしっかり把握してからにした方がいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)